[編集部ブログ] 新井選手が小学校で授業 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

[編集部ブログ] 新井選手が小学校で授業

 

[編集部ブログ] 新井選手が小学校で授業

群馬県太田市の生品小学校で、2005年、2007年にプロダクションカー世界ラリー選手権チャンピオンになった新井敏弘選手が特別授業に参加しました。

この学校では、5年生のときに県内の富士重工業の工場見学をし、6年生で講義を聞くという授業を何年も続けています。

授業では、別にラリーのことばかりというわけではありません。小学生のいま夢に向かってやるべきことは何か、自分はどうだったかといった、まさに12歳という年齢の子どもたちに響く言葉。英語を話せることのメリットなども語っていました。自信の娘さんも生徒たちと同じ小6ということもあってか、ラリーの話が求められる普段のトークショーとはひと味違う「父親」の顔も見えたかな?

そして、なんとラリーカーによるデモランも行うんです。しかも場所は校庭。今年は他の学年の子どもたち、近所の保育園の子どもも大挙して歓声を上げていました。

取材陣も多く、小学校がある太田市の地域FM曲「FM TARO」(76.7MHz)や「FM ぐんま」(86.3MHz)も。実は、本日6月28日の13:30〜14:00から、FM Taroの「スバルオフスタイルコントロール」という番組内でインタビューの模様も放送されるそう。反響があれば再放送もあるかも!? 群馬の人は要チェックですよ!



RALLY CARS