【WRCドラの生態 SS4】クリス・ミーク編 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【WRCドラの生態 SS4】クリス・ミーク編

 

【WRCドラの生態 SS4】クリス・ミーク編

 さて、4回目を迎えます“WRCドラの生態”。編集部が独断と偏見でWRCドライバーのブログを勝手に紹介していくコーナーです。今回はIRCポイントランキングトップを快走するイギリス期待の若手ドライバー、クリス・ミーク。
 数年前は“コリン・マクレーの秘蔵っ子”と言われてJWRCに出場するなど英国ラリー界を背負って立つと期待されたりもしていました。日本でも一部のJWRCマニアにはウケが良かったようです。
 いまいち頼りない印象があったミークくんですが、現在はプジョーUKから207S2000を駆って、立派にIRCトップランカーとなっています。




エンデューロはアイルランド選手権に出るほど。


スノーボードでリフレッシュ中の写真も掲載。

 今年のIRCではブラジル、アゾレス、イプルーと路面を問わない速さで3勝を挙げ、先日のバルムラリーでは2位でランキング首位をキープしています。特にアゾレスとイプルーではシュコダのヤン・コペッキーを相手に2連勝するなど、ワールドラリーカーに乗せてみたいドライバーでもありますね。
 ブログはどちらかといえば写真中心。大きく“ラリーのこと”“その他”と分かれていて、ラリーの方にはほとんど写真はなく、ミークくん自身もあまり書いていない模様です。かたや“その他”も書いているかというと……?


V6エンジンのMGメトロ6R4、別名“走るマッチ箱”。


雪道のサイクリングもトレーニングの一環?

 その代わり“その他”の項目にはラリースクールアイルランドでグループBのMGメトロ6R4に乗ったり(実は今年のWRC開幕戦アイルランドの市街地ステージでも6R4でデモランしていました。動画がアップされています)、雪道でトレーニングする姿などがアップされています。
 いまいち日本ではメジャーになりきれないミークくんですが、たまにはブログをチェックして応援してあげてくださいね!



RALLY PLUS