【パリダカ日本事務局】2010年ダカールラリーのルートを発表、前半はリエゾンのほとんどないルートを設定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【パリダカ日本事務局】2010年ダカールラリーのルートを発表、前半はリエゾンのほとんどないルートを設定

 

ダカール・ラリー主催者ASOが6月3日、ダカール・ラリー2010のコースを発表しました。

ブエノス・アイレスを1月1日スタートし、総走行距離は8600km、そのうち5,200kmがSSで、コースは下記を参照。

http://www.dakar.com/2010/DAK/presentation/fr/r3_5-le-parcours.html

ブエノス・アイレスをスタートした後、固い路面のコースを北上。アンデスを越え、チリのアタカマ砂漠で5日間の砂丘ステージを行う。イキケ(Iquique)までほとんどリエゾンがない。そして、ブエノス・アイレスに戻るコースは今回まったく初めてのコースで、アメリカ大陸をディスカバリーする。

また、ガソリン車のエア・アライバル・ブライドルの制限など、新しいルールが導入される。一方、モト部門では、2011年大会以降、450cc以上のオートバイでの参戦は不可になる。2010年大会ではアマチュアに限り660ccが認められ、プロは450cc以下のマシーンに限定される。

RALLY CARS