トニ・ガルデマイスター、オペルとの関係継続を希望 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トニ・ガルデマイスター、オペルとの関係継続を希望

 

 来年以降のIRC参戦を検討するオペル/MSDと、ハンコックタイヤの開発のためにIRC第9戦アストリアスに参戦したトニ・ガルデマイスター。ラリーでは9番手を走行しながらブレーキトラブルによってリタイアを喫してしまったが、ガルデマイスターは今後の関係継続に意欲的だ。

「コースアウトするちょっと前のコーナーでブレーキペダルがスポンジーになったんだ。コ・ドライバーのトミ(トゥオミネン)に“ヤバい”って伝えた瞬間にブレーキペダルが床にあたる感触がして、止まれずに突っ込んだというわけさ。
 最初はフェンスに当たっただけでコースに戻れそうだったんだけど、結局フェンスもマシンの重みに耐えかねて、もろとも溝にハマってしまったんだよ」

 ガルデマイスターは続ける。
「チームは僕らのフィードバックに満足したようだった。マシンもタイヤも、まだまだやるべきことが多いような感触を受けたけど、その開発が僕らの仕事だ。
 今までやったことのないプロジェクトだからね、今後も続けていけたらと思っているよ」

 現在のところオペル/MSDは今シーズンの活動計画を明らかにしていないが、来年のIRC参戦へ向けて何戦かには出場するものと思われる。



RALLY CARS