シトロエン、ライコネンのWRC活動延長の可能性を示唆。「WRCでダメならF1復帰も」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シトロエン、ライコネンのWRC活動延長の可能性を示唆。「WRCでダメならF1復帰も」

 

 キミ・ライコネンのWRC活動は来季1年限定ではなくなるかもしれない。シトロエン・トタル・ワールドラリーチームのボス、オリビエ・ケネルが、来季のパフォーマンス次第ではライコネンは翌年“ファーストチーム”に起用されるかもしれないと述べ、2011年にはセバスチャン・ローブとのコンビが形成される可能性を示唆した。

 先週、ライコネンはシトロエンと契約し、2010年WRCに参戦することが発表された。ライコネンはシトロエンのジュニアチームで走り、契約期間は1年であると述べている。彼は2011年にはF1に復帰する可能性があることを認めており、来季はレッドブルのサポートでWRC活動を行うことから、2011年にはレッドブル・レーシングでF1に戻るのではないかと推測されている。

 しかしライコネンのF1復帰が実現するかどうか疑問を持つ声も多い。そんな中、ケネルは、ライコネンが2011年以降もWRCに残る可能性を示唆している。

「我々は最初のシーズンに不可能なことを求めたりはしない」とケネルはオート・エブド誌に対してコメントしている。
「しかし、もし彼が進歩し、適切なレベルの力を発揮するならば、(2011年には)ファーストチームのドライバーとして起用する可能性があることは明らかだ」
 ケネルは、もしライコネンがラリーをエンジョイできなかったり、彼自身が期待している成功を収められなかった場合は、F1に戻るかもしれないと述べている。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!