日産、米国SEMAショーでサファリ優勝車をオマージュした「サファリ・ラリーZトリビュート」を出展 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

日産、米国SEMAショーでサファリ優勝車をオマージュした「サファリ・ラリーZトリビュート」を出展

©NISSAN

日産は、10月31日〜11月2日に米国のラスベガス・コンベンションセンターで開催されているSEMAショーに、日産のコンセプトカーや市販モデルとともに、モータースポーツの伝統に敬意を表してトミー・パイク・カスタムズが製作した展示用モデル、サファリ・ラリーZトリビュートや、ダットサン240Zサファリ・ラリーカーのレプリカを展示している。

NISSAN

7代目となる日産Zは、公道とサーキットの両方でファンを獲得しており、サファリラリーZトリビュートは、舗装路を超えた冒険へと導くスポーツカーをイメージしている。スタイリングは、1971年のイーストアフリカン・サファリラリーで優勝したダットサン240Zラリーカーをオマージュしている。

サウスカロライナを拠点とするトミー・パイクのチームは、頑丈でどこにでも行ける“サファリ”仕様の定石に則り、サスペンションを引き上げ、頑丈にし、それに見合ったライト、耐久性、性能の向上を加えることで、ターマック指向のZを、ダスティなラリーの世界に対応させた。

KW製サファリ・サスペンションとNISMO製サスペンションのカスタムパーツにより車高は2インチ上がり、17×7.5インチのNISMO製サファリ・プロトタイプ・ホイールにグラベル用ヨコハマGEOLANDAR M/T G003タイヤを履いている。

NISSAN

パワートレーンやシャシーの重要なコンポーネントを保護するために、フロントバンパーガードとスキッドプレートを新たに採用。NISMOオフロードLEDライトは、ダストの多いコンディションや夜の走行で威力を発揮する。インテリアでは、4点式ハーネスを装備したカスタムロールバーや、レカロ製ポールポジションシートが採り入れられている。

NISSAN

NISSAN

パワートレーンのさらなる強化として、サファリラリーZトリビュートは、AMSパフォーマンスによってチューンされた400馬力以上のVR30DDTTエンジンに、NISMOトラックキャットバックエキゾーストシステム、エアインテーク、カーボンファイバーエンジンカバー、クーラントエキスパンションタンク、ヒートエクスチェンジャー、ストリートツインディスククラッチとフライホイールを組み合わせている。

NISSAN

サファリラリーZトリビュート フルスペックシート
https://usa.nissannews.com/en-US/releases/in-detail-safari-rally-z-tribute

日産のレーシング・ヘリテージを語るうえで、エドガー・ハーマン/ハンス・シュラー組が、1971年にダットサン240Zで3800マイルのイーストアフリカン・サファリ・ラリーで優勝したことは不可欠。今回のサファリZトリビュートは、ダットサンのマイルストーンを記念するものだ。特筆すべきは、1970年に開催された第18回大会では、ダットサン・ブルーバード1600SSSが総合優勝を飾っており、240Zと合わせてダットサンのマシンが2連覇を達成したことだ。

日産は、今年のSEMAショーで、ラリーで優勝した240Zのビンテージ・レプリカを展示することで、日産のレーシングカーとスポーツカーのレガシーを並べて紹介している。

コレクターのランディ・ジャッフェから借り受けたこのクルマは、2013年に走行可能の当時のままのコンディションにレストアされた。また日産は、SEMAでのZの展示をもとに、レースで優勝した初代240Zラリーカーをオマージュしたセイコーのスポンサーグラフィックのセイコー・サファリZ限定モデルを発表している。

この腕時計は240点の限定で、“Safari”と“Z”のブランド名に加え、文字盤には日産“23”のレースナンバーが刻印される。ケースバックにはシリアルナンバーが刻印される。購入は10月31日から下記サイトで始まっている。
https://nismosafariwatch.orderpromos.com

NISSAN



RALLY CARS