JRM、WRカー出身のMINIクラブマンで世界RXに参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

JRM、WRカー出身のMINIクラブマンで世界RXに参戦

 

英国拠点のJRMレーシングが今季の世界ラリークロス選手権に、MINIクラブマンRXでスポット参戦することを発表した。

GT1やラリーなど幅広いモータースポーツ活動を手がけるJRMが、世界ラリークロスという新たな挑戦に乗り出すことになった。

全13戦中、今季はスポット参戦となり、複数のドライバーを適宜起用していくという。

JRMのエグゼクティブ・ディレクター、ジェームス・ラムゼイは「世界戦が始まった2014年から、その成長の展開を研究してきたが、今後ますます盛り上がっていくと感じた」とコメント。

「イベントでは勝利を狙いたいが、それを果たすまでには時間がかかるとも覚悟している」

「2015年は開発の年と位置づけ、世界ラリークロスで成功を収めるための要素を研究していく。2016年にはフル参戦を目指し、世界タイトルに挑む」

JRMレーシングは今年に入ってからMINI RXの製作を始め、ラリークロス競技への準備を進めてきた。このMINIクラブマンRXは、MINIのワールドラリーカーの血を受け継いでいる。

RALLY CARS
Red Bull TV