WRCアルゼンチン:デイ3「トップの2人にプレッシャーを」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン:デイ3「トップの2人にプレッシャーを」

 

ラリーメキシコ、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント。1-2体制を維持して最終日を迎えるシトロエン。残り2本のエル・コンドールを熟知する3位のラトバラは、経験を活かしてプレッシャーをかけていく覚悟を明かした。

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

クリス・ミーク/総合首位(=)
「明日のステージは32kmしか残っていないが、選手権でも一、二を争う難しい道だ。あらゆる意味で、まだ終わっていないということ。エル・コンドールでは道幅はマシンギリギリだし、たくさん石があって月面のような景色。長い一日になりそうだ」

マッズ・オストベルグ/総合2位(=)
「午前中は順調でペースもよかった。午後は1本を走り終えたところで、確実にマシンを完璧なコンディションで持ち帰るために、少しペースを落とした。2位に専念することを続けている。僕にも、シトロエン・トタル・アブダビWRTのためにもとても重要なことだからね。リスクは一切負わない。チームにいいリザルトを持ち帰るためにキープしていく」

ハリッド・アルカシミ/総合7位(↑)
「午前はいいペースで滑り出した。最初のステージはダストでスローダウンしなくてはならなかったけどね。ウォータースプラッシュを渡るときは、とても慎重に行った。最後のステージは特にラフで、轍がすごく深いところもあった。クリスとマッズの進捗もずっと気にかけていたよ。とてもいい上位争いをしているね!」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

ヤリマティ・ラトバラ/総合3位(=)
「今日のコンディションも非常に難しかったけれど、SS8でスリップした時は運がよかった。その後はリズムがつかみきれず、少しタイムを落としてしまった。午後はよくなってタイムも上がった。明日はエル・コンドールを2回走る。よく知っているステージだから、上位の2人にプレッシャーをかけられると思うよ」

セバスチャン・オジエ/総合23位(↑)
「スポーティングな見方で言えば、今日も僕らにとっては理想的な日ではなかった。午前中は風がなかったので、先行車のダストが残ったままで苦戦した。たぶんどのドライバーも同じだったと思うけど。2回目のループはパワーステアリングの故障で、いいタイムを出すことができなかった。40kmを超える距離があって、特にツイスティで難しいステージだからね。たぶん最終日にはパワーステージでポイントを獲得できるのかもしれない。でも簡単に行かないことは間違いないね」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

エルフィン・エバンス/総合4位(↑)
「今日はトラブルを避け切って、4位まで上がった。目標はこの辺りだったんだ。トップを目指してのプッシュはしなかったから、今の位置には喜んでいいと思う。あとは、明日のステージでも落ち着きを忘れないようにすることだけだ」

オット・タナク/総合16位(↑)
「トリッキーな一日で、とてもラフで難しいステージだった。とてもナローで、ラインのアウト側には危険がたくさん潜んでいた。昨日のことがあって、いいフィーリングをつかむのが難しかったが、ゆっくりと取り戻していこうと努めていた。今日一日をかけて、よくなったと思う」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ティエリー・ヌービル/総合5位(↑)
「全体的には、トラブルもなくいい走りができた。午前中のステージはかなりフィーリングがよくなって、コンディションも昨日ほど悪くなかった。リズムもよく、マシンにもペースノートにも自信が感じられた。日中サービスでは有意義な変更を行うことができ、マシンもドライブしやすくなった。いまトップ5にいるのでまずまずだ。このラリーを走り切ることをとにかく目指している。できればパワーステージでポイントも欲しいね」

ダニ・ソルド/総合8位(↓)
「いい走りができていたので、もちろんこんな形で一日を終えるのは残念だ。午前最初のステージはタイヤを維持するためにあまりプッシュしなかったが、SS8はとてもよかった。ポディウムを目指してプッシュしたが、最後のステージで電気系のトラブルを抱えてしまった。ポジティブなことは、このラリーで自分の自信がとても得られたこと。明日のステージに向けては、いいことだ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合14位(↑)
「今日のSSは楽しめていた。特にカピラ・デル・モンテからサン・マルコスの2本は、高速セクション、テクニカルな部分、水渡りとすべてのことが少しずつ盛り込まれていた。このステージで2回勝ててうれしいよ。昨日、勝てるチャンスが吹き飛んでしまったことが残念だ。このために、計画を変更しなくてはならなかった。今は明日のパワーステージでできるだけ多くポイントを獲得することが目標だ。ハードにプッシュするよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ヘイデン・パッドン/SS9でデイリタイア
「午後は、調子を上げようとマシンに小さな変更を行ったのだが、最初のステージの序盤でジャンプの後に小さなミスをしてしまい、わずかにラインを外して道の縁に着地してしまった。残念ながら、ヒットしたところに観客が何人かいた。今日の終わり方として、まったくいい流れではなかったよ。アクシデントに見舞われた方たちが少しでも早く回復することを祈っています」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS