WRCポルトガル:波乱の2日目、Mスポーツのタナクがトップに – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:波乱の2日目、Mスポーツのタナクがトップに

©M-SPORT

WRC第6戦ポルトガルは競技2日目を終えて、Mスポーツのオット・タナクが総合首位にたっている。2番手には4.6秒差でヒュンダイのダニ・ソルド、3番手には5秒差でMスポーツのセバスチャン・オジエがつけている。

HYUNDAI

この日に走行するのはSS2〜SS9。北部に設けられた25km超のステージを含む3つのグラベルステージと、ブラガ市街地でのショートSSを2回ずつ走行する計8SS、148.32kmが設定され、ラリーリーダーが次々に変わる目まぐるしい展開となった。

まず、オープニングのSS2でベストタイムをマークし、ラリーリーダーとなったのはヒュンダイのヘイデン・パッドン。しかし続くSS3ではトヨタのヤリ‐マティ・ラトバラがベストタイムでこれを逆転し、総合首位に。続くSS4、ラトバラはSS7番手となり、総合首位の座はキープしたものの、このSSでベストタイムのクリス・ミーク(シトロエン)に0.5秒差と迫られてしまう。

CITROEN

サービスを挟み、SS5へ。ソフトタイヤ3本、ハードタイヤ3本という変則的な組み合わせで午後のループに挑んだミークはここでラトバラを逆転。0.2秒差ながらこのラリーで4人目のリーダーとなった。ところが、続くSS6ではスローパンクチャーによりペースを維持できずに首位陥落。代わってMスポーツのタナクがラリーをリードすることとなった。0.1秒差の総合2番手にはラトバラがつけており、気を抜くことはできない。

TOYOTA

白熱のバトルが期待されたのも束の間、SS4の再走ステージとなるSS7では大きな波乱が起きた。まずラトバラが横転、なんとかSSは走り切ったものの、大きくタイムを失い勝負権を手放してしまった。続いて総合3番手につけていたパッドンが電気系トラブルでタイムロス、総合5番手のミークはサスペンションを破損してデイリタイアを決めている。一方、このSSでベストタイムを獲得したソルドは、総合7番手から総合2番手に浮上してみせた。

タナクはその後も順調に走行を重ね、リーダーの座を守って2日目を終えた。安定して速いペースを刻めていることは、ここまで“ベストタイムなし”ということからも分かる。タナクの後方にはソルド、オジエが5秒以内の僅差で続き、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが11.1秒差の4番手、シトロエンのクレイグ・ブリーンが5番手、Mスポーツのエルフィン・エバンスが総合6番手となっている。トヨタのユホ・ハンニネンは総合7番手、今回初のWRカードライブとなるエサペッカ・ラッピは総合8番手で明日以降の浮上を目指す。

競技3日目はSS10〜15の6SS、154.56km。SS12/15のアマランテは今大会最長の37.55kmとなる。オープニングのSS10は日本時間20日(土)17:08にスタートする。

WRCポルトガルSS9終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1オット・タナクフォード・フィエスタWRC1:37:18.5
2ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+4.6
3セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+5.0
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+11.1
5クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+12.9
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+18.3
7ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+52.0
8エサペッカ・ラッピトヨタ・ヤリスWRC+1:12.3
9アンドレアス・ミケルセンシュコダ・ファビアR5+3:17.8
10マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+3:50.0
13ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+4:51.2


ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS