トヨタが18年ぶりWRC優勝、豊田章男社長「ヤリスを “もっといいクルマ”にする戦いは続く」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタが18年ぶりWRC優勝、豊田章男社長「ヤリスを “もっといいクルマ”にする戦いは続く」

©Naoki Kobayashi

2月12日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第2戦ラリースウェーデンの、競技最終日となるデイ4がスウェーデンのトルスビーを中心に行われ、ヤリスWRCで出場したヤリ-マティ・ラトバラが優勝。TOYOTA GAZOO Racing WRTに初優勝をもたらすとともに、ドライバーズ選手権ランキングでトップに立った。また、同じくヤリスWRCのユホ・ハンニネンは、総合23位で完走を果たした。

ラリースウェーデンの競技4日目は、トルスビーの北側で2本のSSを行ない、最後にトルスビーのパワーステージ1本を走行する全3SS、計58.81km。前日デイ3の最終ステージで首位に立ったラトバラは、2位を3.8秒リードしてデイ4をスタートした。落ち着いてステージに臨んだラトバラは、3本のSSすべてでベストタイムを記録。2位に対するリードを29.2秒差に拡大し、トヨタに1999年のラリー・チャイナ以来となるWRC優勝をもたらした。ラトバラにとっては2016年の第3戦メキシコ以来の勝利であり、WRC通算勝利数は17に達した。なお、ラリースウェーデンでの優勝は4度目となる。

豊田章男(チーム総代表)
18年ぶりに復帰したFIA世界ラリー選手権、第2戦目にして、優勝することができました。
”負け嫌い”のTOYOTA GAZOO Racingですから、私も、その日が来ることを心の底から願っていました。しかし、こんなにも早くその瞬間が訪れることは、私の想像を超えておりました。
トヨタのWRC復帰を願い続け、その復帰を共に喜び、応援いただけたファンの皆さまのおかげです。ファンの皆さま、応援ありがとうございました。
ラリーは、ライバルと競い合いながら道を走りきり、完走することが大切です。
初戦モンテカルロと同じく、今回も、走りきり、戦い抜けたことで、素晴らしい結果を得ることができました。
雪と氷に覆われた苛酷なスウェーデンの道を全速力で走りきれる力をヤリスに吹き込んでくれた、トミ・マキネン代表以下、エンジニア、メカニック、テストドライバーなどチームの全てのメンバーにも感謝します。
そして、そのヤリスをゴールまで無事に運び届けてくれた、ヤリ-マティ・ラトバラ選手、ミーカ・アンティラ選手にも感謝いたします。
また、ユホ・ハンニネン選手、カイ・リンドストローム選手も、一時リタイアとなったものの、メカニック、エンジニアとクルマを直し、そしてその後は今後につなげるための、いろいろなトライをしながら走り切ってくれました。彼らにも感謝いたします。
このように、今回のこの結果はチーム一丸となったからこそ得られたものだと思います。
チームのみんな、本当にありがとう。お疲れさまでした。
先日の発表会の壇上で、マキネン代表とラトバラ選手と”クルマとの対話”について話をしました。
ラトバラ選手は「運転前に愛を持ってクルマに話しかけ、大切に、そのクルマを運転している」
マキネン代表からは「クルマを愛しているからこそ、クルマのことがわかる。だから、どうすれば速く走らせられるかがわかる」
”クルマ愛”に溢れる彼らの言葉は私の想いと全く同じであり、心に響くものでした。
これからも、彼らと、この想いを共有し続け、ヤリスを、“もっといいクルマ”にしていく戦いをチームのみんなと続けてまいります。今年の13戦を戦い抜いたときに、一番強いクルマになっていたいと思います。
WRCの道を走り続け、“もっといいクルマ”のために走り続けるTOYOTA GAZOO Racingを、皆さま、引き続き、応援いただければと思います。よろしく、お願いいたします。

Naoki Kobayashi

トミ・マキネン(チーム代表)
「今の気持ちを言葉にするのは簡単ではありません。前戦ラリーモンテカルロでの2位にも驚きましたが、今回の優勝は予想をはるかに超えたリザルトです。もちろんラッキーな面もありましたが、ヤリ-マティとミーカの素晴らしい戦いと、それを支えた日本、フィンランド、ドイツのすべてのスタッフのチームワークと努力があったからこそ、優勝を成し遂げられたのだと思います。我々を信頼してくれた豊田章男社長をはじめとする、皆さんに感謝します。今日は我々の活動にとって忘れ難き特別な日となりましたが、この勝利に浮かれることなく、今後も開発に力を注ぎ続けます」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC#10号車)
「新しいチーム、そして新しいマシンで臨んだWRC 2戦目で優勝することができて、本当に嬉しく思います。今日の最後のパワーステージでの走りは、私の今までのキャリアの中でベストなパワーステージだったと思えるほどうまくいきました。良いマシンを準備してくれたチームに心から感謝します。今回の優勝と6本のステージベストタイム記録によりモチベーションがさらに高まりましたので、この調子をこれからも保ち続けたいと思います。次戦ラリーメキシコのスタートが待ちきれません。今回、優勝することができてもちろん嬉しいのですが、トップを走りながらも昨晩のスーパーSSで、アクシデントにより勝機を失ったティエリー・ヌービルのことを考えると心が痛みます。私も以前、同じような状況を経験したので彼の気持ちはよく分かります。今回の優勝は、正直なところ幸運に助けられた部分もあります。ですので、さらにマシンを速くするため、これからも改良を続けていく必要があるでしょう」

TOYOTA

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC#11号車)
「チームのスタッフは献身的にハードワークを続けてきましたが、自分もその一員として優勝に貢献できたことを誇りに思います。チームにとっては素晴らしいラリーとなりました。私自身は金曜日に大きなミスをしてしまいましたが、その後再出走を果たし、いろいろなテストを行いながら、多くのSSを走り経験を増やすことができました。今回の経験を次のラリーに生かしたいと思います」

WRC次戦は、3月9日から12日にかけて行われる第3戦ラリーメキシコ。シーズン最初のグラベルラリーは、高い気温と標高との戦いとなる。高地では空気中の酸素量が少ないため、エンジンはパワーダウンを余儀なくされるが、それをいかに最小限に抑えるかがエンジニアの腕の見せ所。TOYOTA GAZOO Racing WRTにとっては、新たなチャレンジとなる。

RALLY CARS
Red Bull TV