ペター・ソルベルグ、息子のラリー参戦に感無量 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ペター・ソルベルグ、息子のラリー参戦に感無量

©Rally Sarma/Laura Romanova

今年のWRCスウェーデンでサービスパークが置かれているトルスビーは、ペター・ソルベルグ率いるPSRXの拠点でもあるが、そのペターは実はラトビアにいたようだ。息子オリバー・ソルベルグが、今週末ラトビアで開催されているラトビア選手権第2戦ラリーサルマで、ラリー参戦に挑んでいるため。

これまでクロスカートでスキルを積んできたオリバー。まだ15歳だが、スウェーデンや北欧シリーズでタイトルも経験している。プロパーラリーの参戦は、1月に開催されたラトビア選手権開幕戦のラリーアルークスネに続いて今回が2回目。北欧名門のスポーツ・レーシング・テクノロジーがプリペアするプジョー208 R2で、セレモニアルスタートに登場した。

PSRX

息子のラリー参戦を見つめるペターは自身のフェイスブックで「お母さんもお父さんも、15歳のオリバーが人生2度目のラリーをスタートするのを誇らしく見ているよ」とコメント。

このラリーサルマには、昨年のラトビアチャンピオン、カッレ・ロバンペラもシュコダ・ファビアR5でエントリー。ロバンペラは開幕戦で優勝を飾っており、タイトル連覇に向けて順調な滑り出しを見せている。



DiRT4
DiRT4