WRCスペイン:デイ2「最後まで戦い続ける」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:デイ2「最後まで戦い続ける」

 

ラリーフランス、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント。

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合首位
「理想的なスタートだ。これ以上ないとい程の出来。チームにもとても感謝している。マシンは完璧だった。最初から最後まで、全力を尽くしてまったくトラブルがなかった。Terra Altaの舗装セクションも完璧だった。大差が築けたよ。でも、まだ先は長いし、土曜日はタイヤがとりわけ重要な鍵となる」

ヤリマティ・ラトバラ/総合2位
「今日は首位を目指してできるだけセバスチャンとの差をつけることだったが、できなかった。2位につけているかもしれないが、今日はずっと速さがなかった。これでタイトル争いを続けるのは難しい状況になったが、スローダウンはしないし、最後まで戦い続ける。明日の舗装では状況がよくなることを願いたいね」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

マッズ・オストベルグ/総合3位
「全体として今日のパフォーマンスには満足していい。ダストでのタイムロスが響いたくらいだ。でもコンペティティブであるということを証明することが重要だった。グラベルのデイ2でトップ3につけることが目標だったから、それが果たせた。舗装ではここ最近すごく成長できているから、明日はそれを見せられたらいいね」

ハリッド・アルカシミ/総合13位
「プッシュはしすぎなかった。今回目指しているのは、DS3 WRCでのドライビングを楽しむこと。適切なバランスを見つけようとしていたが、もっと速くいけるとも思っている。セッティングはうまくいったが、明日はまったく違う日になる。舗装でいいフィーリングが得られれば、もう少し攻めようと思う。ロングステージは特にトリッキーになりそうだね」

クリス・ミーク/SS3でデイリタイア
「今日最初のステーではベストタイムだった。次のSS、スタートから3、4kmのところでラインを外し、ワイドに膨らんで5速のコーナーでコースオフしてしまった。タイムはロスしていなかったと思うが、タイヤがデフレーティングし始めたと感じた。それで停車してタイヤ交換すると決めた。また走り始めると、まだダストが残っていた。チームから、コース脇に止めてマッズを抜かさせるよう伝えられた。このステージ終盤で、フロントでもパンクしたと気付いた。スペアは1本しか積んでいなかったので、続けられなかった」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合4位
「特に序盤は理想的なコンディションだった。風がまったく吹いてなかったので、ダストの壁の中でドライビングしているような時もあった。少し見える時もあったけど、道の真ん中にいるのか、右にいるのか左にいるのか、よく分からなかった。ミスをしやすい状況だったよ。でも全力を尽くした。明日は舗装セクションだし、まだ先は長い」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ミッコ・ヒルボネン/総合5位
「まずまずの出来だと思う。2位との差は小さいし、他も接戦だから明日はいいバトルができそうだ。このラリーの難関は、グラベルから一晩でターマックにスイッチしなくてはならないこと。明日は早起きして、リズムをチェックできるようにしないとね。もちろん、フォルクスワーゲンは舗装でもとても速いが、何が起きても不思議ではない」

エルフィン・エバンス/総合19位
「もちろん、ラッキーなイベントじゃないし、今日もいい日にはならなかった。まずまずのペースを出していたが、大きなミスを3回犯した。最後のミスでデイリタイアを余儀なくされたが、幸いマシンのダメージはそうひどくなさそうだ。明日は仕切り直しだ」

[RK Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ロバート・クビカ/総合6位
「ドライビングはよかったと思うが、SS7の舗装セクションを終わったタイヤで走ることになり、フィニッシュ手前の5km辺りでスピンした。ナローなセクションで、オーバーステアが出ていた。ハンドブレーキは右にあって、直後に左のヘアピンだったから、リカバリーできるチャンスがなかった。一晩で仕様を変えるのは初めての経験だから、簡単にはいかないと思う。序盤は軽くウォームアップして、その後すぐに50kmステージがあるから、タイヤにもマシンにもすべてにクレバーにならないとね」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ダニ・ソルド/総合7位
「昨日のバルセロナでの開幕ステージは、とてもスペシャルだった。今日は長い一日だった。午前のループはトラクションがまったく得られず、ダストも多かった。マシンはグリップと安定性が不足していたようだが、日中サービスで修正し、フィーリングがよくなった。午後のコンディションも難しかったが、明日に向けていい流れが築けたと思う」

ティエリー・ヌービル/総合9位
「今日のステージからは、ポジティブな要素がたくさん得られた。3つのコンディションでもコンペティティブであることを見せられた。ステージウィンも1回獲れたし、首位とも僅差につけていた。最後のステージでダストに邪魔されてワイドに膨らんでしまい、右リアを何かにぶつけてタイヤ交換のために停車しなくてはならなかった。これで大量ロスとなってしまい総合順位でも後退してしまった。全力を尽くしてハードにプッシュしたから、対応力は見せられたと思う。明日はもっと上に行くよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ヘイデン・パッドン/総合14位
「全体としてはそう悪くはなかった。今日は大量のダストと戦わなくてはならなかったけど、手堅いペースが出せた。午前中は好調でSS3でベストをマークできてよかった。予想していなかったけど、うれしいね。午前最後のステージで2本タイヤを交換しなくてはならなくなった。これで大量ロスになったけど、まだ戦い続けられる。最後のステージでも少しタイムロスがあったけど、今日を走り切れたから、明日も修業を続けるよ」



Red Bull TV
RALLY CARS