シトロエン、モンテのポイントノミネートはローブとミーク – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シトロエン、モンテのポイントノミネートはローブとミーク

 

ラリーモンテカルロには3台のDS3 WRCをエントリーさせるシトロエン・トタル・アブダビWRT。なんといっても注目を集めるのはセバスチャン・ローブのスポット参戦だ。チームはマニュファクチャラーズ選手権のポイント対象にも、クリス・ミークとともにローブをエントリーした。マッズ・オストベルグはサードカーとなる。

既報の通り、DS登場60周年にちなみ、DS3 WRCは「60」をあしらった記念カラーリングでの登場となる。

一方、変わるのは外観だけではない。3台のDS3 WRCは、エンジン、サスペンション、エアロダイナミクス、ギヤボックスなど、各所にアップグレードが施されている。

「DS3 WRCは非常に熟成されたマシンだが、さらにコンペティティブにさせるために必至で努力した」とシトロエン・レーシングのテクニカルディレクター、クサビエ・メステランーピノンはコメント。

「例えば、エンジンにフォーカスしたことで、更にパワーとトルクを得ることができたし、信頼性も向上した。レギュレーション変更のアドバンテージを活かし、ステアリングホイールに装着したパドルでギヤチェンジを行うシステムを復活させた」

「エアロダイナミクスにも大幅に改良されており、新しいスポイラーとフロントエンドも近いうちに投入される。軽量パーツを使用することで、重量配分も変更される。そして、リアサスペンションのキネマティックを交換した。数ヶ月のうちには、さらにエアロダイナミクスのアップグレードを登場させる」

シトロエン・トップ・ドライバーシリーズのチャンピオン、セバスチャン・シャルドネは、DS3 WRCでプライベート参戦。また、昨年ジュニアWRCタイトルを獲得したステファン・ルフェーブルは、ステファン・プレボをコ・ドライバーに迎えて、DS3 R5でWRC2にエントリーする。

昨年はWTCCで活躍の幅を広げたローブは「モンテカルロの雰囲気は大好きだし、サポーターとも距離が近いので、参戦を決めるのに時間はかからなかったよ。初日は感触を取り戻さなくてはならないが、そう時間はかからないはずだよ」とコメント。

「CエリーゼWTCCとはドライビングスタイルがまったく異なる。4WDで通常の道路を走るので、より応用力が求められる。モンテに備えるのは難しい作業だ。コンペティティブに戦うことを目指すが、このレベルでラリーに参戦するのは、1年以上ぶりだってことを忘れてはならない。全力を尽くすのはいつも通りだが、もし優勝争いに絡めるならなおいいね」

モンテカルロにはWRC以外も含め7回の参戦を誇るクリス・ミークは「2014年は、初めて参戦するWRCラウンドも多かった。一般的に、どんなドライバーでもフル参戦2シーズン目には大きく成長できるというから、僕もそのとおりになりたいね。シトロエン・レーシングはモンテではいつもいい結果を残しているから、そんなチームから参戦することは大きなアドバンテージだ。上位に食い込んでのフィニッシュをしたいね」



RALLY CARS
RALLY PLUS