WRCモンテ:デイ1コメント「タイム差を見て驚いた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテ:デイ1コメント「タイム差を見て驚いた」

 

ラリーモンテカルロ、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント。

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

セバスチャン・ローブ/総合首位
「最初のステージはとても凍っていた。スプリットタイムがないので、他のドライバーに対してどれくらいのタイムか分からなかったが、フィニッシュでタイム差を聞いて驚いた。氷の上を20kmも走っていれば、速く走れているなんて感触はないんだけど、すごく速かったんだろうね!SS2はうんとプッシュしたけど、道はすごく汚れていた。どのコーナーにもマッド、グラベル、草が出ていた。モンテカルロでは何が起きても不思議ではない。まだ先は長い。でも、自分のペースに改めて自信を持てた。明日は地面が固く凍って、コーナーがあまりダーティでないことを願うよ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合2位
「コースを最初に走るのは、今日はいつもよりも簡単だった。特に最初のステージは、コンディションが絶えず変化していた。ウェットの舗装やブラックアイス…何が待っているのか、ハッキリと把握することはできない。全体としては、どこもグリップは少なかった。こんなだから、特に慎重なアプローチで行ったし、リスクも負わなかった。最初のステージは明らかに最速の走りではなかったが、選択としては正しかった」

ヤリマティ・ラトバラ/総合3位
「今晩の最初のステージのような難しいスタートは、これまでのモンテで経験したことがなかったと思う。常に変化するグリップレベルを判断するのが、すごく難しかった。簡単に何分もロスしてしまいかねないので、あれでも自分のタイムにはハッピーだ。SS2では、ラッチが破損していてハッチがどんどん開いてしまった。これで少し気をそらされた。これ以外は、まずまずのスタートだ」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

オット・タナク/総合4位
「今晩のパフォーマンスにはすごくハッピーだ。SS1はフルスノー&アイスだった。すごくトリッキーだったが、いいリズムをつかめた。ミスなくひやっとする場面もなかったから、それが一番鍵になる。SS2の方がターマックが出ていたが、それでも凍った場所もたくさんあったし、グラベルも出ていた。タイヤはいい選択ができたので、自分のベストの走りができた。いい滑り出しができたと思う」

エルフィン・エバンス/総合5位
「信じられないようなスタートだった。SS1は予想よりもひどくて、あまりいい走りができなかった。SS2はチームが最高のタイヤ選択をしてくれた。大きなアドバンテージになったよ。みんなに感謝している」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合7位
「今日ほど以上の“モンテ”はないね。新シーズンの幕開けは、ものすごく難しいステージで始まった。コンディションは常に変化した。とにかく安全に、リスクを避けることを目指した。今日はスタッド4本、ウィンター2本を用意した。でも、最悪の選択ではなかったよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ティエリー・ヌービル/総合8位
「またシーズンを迎えられたことはよかったが、とても過酷なスタートだ。コンディションがとても難しかったから、安全に走り切ることが最優先だった。最初のSSはまずまずの出来だった。凍ったコンディションには慣れていないから、すごく集中しなくてはならなかった。2本目はちょっと危なかったので、安全なペースで初日を走り切ることに専念した。このコンディションが続くようなら、集中力を維持し続けなくてはならないね」

ダニ・ソルド/総合12位
「開幕ステージでかなりタイムをロスした。最初のスプリットの前に、すごくスリッパリーなコンディションでブレーキが遅れて、直進してしまった。ディッチにはまり、マルクがマシンを押して走る続けることができた。30秒近くをロスしてしまい、臨んでいたようなスタートにはならなかった。2本目はスタッドを選んだが、比較的ドライなコンディションには合わなかった。視界にも苦労した。でも初日を走り切ったから、金曜日はもっといい走りをしたいね」



RALLY PLUS
RALLY PLUS