WRCメキシコ:デイ2最終スーパーSS 対戦結果 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:デイ2最終スーパーSS 対戦結果

©HYUNDAI

WRC第3戦メキシコ、デイ2最終となる2つのSSはレオン近郊のミニサーキットに設定された。ラリーカーを搬送するトレーラーが渋滞に巻き込まれ、午前中のループがキャンセルとなったこの日、波乱の一日を締めくくるステージは2台ずつ同時に走行するスーパーSS形式で行われた。

以下、SS7とSS8の対戦結果とコメントを登場順にまとめた。

S.オジエ(フォード) vs J-M.ラトバラ(トヨタ)
SS7勝者:オジエ 1:41.2(6番手タイム)
SS8勝者:オジエ 1:43.1(5番手タイム)

セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)は、ミニサーキットでのオープニングマッチを2回とも制し、デイ2を2番手で終えることとなった。一方のヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)はステージフィニッシュ後、飲料水を手に冷却システムをチェックするなど、何らかの問題を抱えている様子だ。

O.タナク(フォード) vs D.ソルド(ヒュンダイ)
SS7勝者:タナク 1:41.5(5番手タイム)
SS8勝者:タナク 1:41.5(6番手タイム)

ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)はSS7で発生したエンジントラブルによりリタイアとなってしまう。不戦勝となったオット・タナク(フォード・フィエスタWRC)は「自分にとって難しい一日だったが、まだ条件はいいと言える。今日は多くの問題が起きた」とコメント。

S.ルフェーブル(シトロエン) vs E.エバンス(フォード)
SS7勝者:エバンス 1:40.2(2番手タイム)
SS8勝者:エバンス 1:38.0(トップタイム)

M-SPORT

エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)は、SS7でクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)に0.2秒差の2番手タイム、SS8ではトップタイムをたたき出す好走を見せ、両ヒートともステファン・ルフェーブル(シトロエンC3 WRC)に勝利した。
「ロングステージで問題を抱えたものの、それ以降はポジティブな一日だった。明日は砂利かき役になるが、できる限り最善を尽くすよ」

T.ヌービル(ヒュンダイ) vs H.パッドン(ヒュンダイ)
SS7勝者:パッドン 1:52.5(13番手タイム)
SS8勝者:ヌービル 1:48.6(11番手タイム)

エンジンに問題を抱えた2台のヒュンダイi20クーペWRCによる対決。ティエリー・ヌービルはSS7だけでトップタイムのミークから25秒もの遅れを喫している。「明らかに3台の車には何らかの問題がある。非常に不幸なことだ」とはパッドン。
ヌービルも「ストレスの溜まる戦いだ。でも自分たちにはスピードがあるし、今日を終えてまだ3位のポジションにいる。今日はまだ(問題解決のため)ここで働かなくては」と語っている。

K.ミーク(シトロエン) vs J.ハンニネン(トヨタ)
SS7勝者:ミーク 1:40.0(トップタイム)
SS8勝者:ミーク 1:38.3(2番手タイム)

ラリーリーダーとなったミークは、SS7でベストタイムを、SS8でも2番手タイムを記録した。デイ2を終えて20.9秒のリードとなっている。ミークは 「とても満足。最終的にC3 WRCの可能性を示すことができて本当にうれしいよ。でも、まだできることがある」と感触を語った。また、対決には負けたものの、ユホ・ハンニネン(トヨタ・ヤリスWRC)も2回の走行をともに3番手につける好タイムでまとめてきた。
「雨の中で非常に滑りやすかった。今日はいくつかの問題があったので、サービスに戻ったら何ができるのか見てみる」

WRCメキシコ SS7・SS8 対戦結果

勝敗ドライバータイムタイムドライバー勝敗
セバスチャン・オジエ1:43.10.91:47.2ヤリ‐マティ・ラトバラ×
1:41.24.01:45.2×
オット・タナク1:41.5-リタイアダニ・ソルド×
1:41.51:50.13:31.6×
×ステファン・ルフェーブル1:41.10.91:40.2エルフィン・エバンス
×1:39.41.41:38.0
×ティエリー・ヌービル2:05.012.51:52.5ヘイデン・パッドン
1:48.60.21:48.8×
クリス・ミーク1:40.00.51:40.5ユホ・ハンニネン×
1:38.31.01:39.3×
※上段:SS7、下段:SS8


DiRT4
DiRT4