WRCメキシコ:ラトバラ「本当に満足できるセッティングに仕上げることができた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:ラトバラ「本当に満足できるセッティングに仕上げることができた」

©TOYOTA

3月8日(水)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第3戦ラリーメキシコのシェイクダウンがラリーの中心となるレオンの近郊で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)が4番手タイムを記録した。ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)も10番手タイムを記録し、明日の競技開始に向けての最終準備作業を完了した。

高い気温と高い標高という、ふたつの困難な要素が戦いの鍵を握るラリーメキシコは、チームにとって新たな挑戦となる。ヤリスWRCにとってメキシコでの初走行となったシェイクダウンでは、ラリー本番のSSに近いタフな路面コンディションの5.31kmのグラベルコースを複数回走行。システムの最終チェックを行うとともに、ラリー本番を想定した全開走行も実施してヤリスWRCのメキシコの道でのパフォーマンスを確認した。

トム・ファウラー(チーフエンジニア)
「通常、他のラリーでは、タイヤをセーブするためシェイクダウンを全開で走ることは少ないのですが、今回はメキシコ特有の高い標高にエンジンのマッピングを適合させるため、あえて全開走行を行いました。走行ごとにチューニング作業を行った結果、エンジンの最適化が進み、最終的に2台のマシンともに満足できるタイムを記録しました。また、マシンには何も問題が生じなかったため、シェイクダウンではパフォーマンスの向上作業に集中することができました」

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)
「シェイクダウンの最初の走行ではマシンのセッティングにあまり満足できなかったのですが、その後エンジンのマッピングを変更し、ダンパーの減衰力を調整したところ2回目の走行ではフィーリングがかなり良くなりました。そして、3回目の走行では本当に満足できるセッティングに仕上げることができました。これで、明日からの競技に自信を持って臨むことができますが、ラリーメキシコはとても気温が高くタフなイベントであり、スプリントラリーというよりも耐久ラリー的な傾向が強いため、心して臨むつもりです」

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)
「全体的にとても良いフィーリングでシェイクダウンを走り終えることができました。マシンには何も問題が発生しなかったため、エンジンのマッピング作業に集中し、良いセッティングを見つけることができたと思います。ラリーメキシコはとても難しく長いラリーなので、競技最終日の日曜日がはるか先のことに感じられます。明日の木曜日はSS1を戦うためメキシコシティに向かいますが、メキシコはとても熱狂的で素晴らしいファンが多いので、今からとても楽しみです」

TOYOTA

競技初日となる9日(日本時間10日)は、レオンから約400km離れたメキシコシティでオープニングステージが行われる。そのため、シェイクダウンを終えたラリーマシンは、トランスポーターに載せられて陸路メキシコシティへと旅立った。

メキシコシティでは市の中心部の歴史的地区「ソカロ」でSS1として1.57kmのショートステージを2回走行する。競技開始は18時05分からと遅めのスタートとなり、選手たちは走行終了後飛行機でレオンへと戻り、10日(金)からのグラベルステージに臨む。

チームは、公式Facebookページにてシェイクダウンの模様を伝える2分ほどの短編PVを公開している。

Red Bull TV
Red Bull TV