WRCフィンランド:デイ4「今回は2倍うれしい」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:デイ4「今回は2倍うれしい」

 

ラリーフィンランド、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント。

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

ヤリマティ・ラトバラ/総合優勝(前日比:=)
「フィンランドでのこの優勝は、本当に特別。最後に勝ったのは2010年だけど、昨年は残念な結果だったから、今回は2倍うれしいよ。ポロR WRCはスタートから感触がよくて、今回も完璧なセットアップだった。だからチームにも心から感謝したい。もちろんフィンランドで僕たちを支えてくれたすべての人たちにも。でも、土曜日はブレーキが使えなくなり、苦難もあった。それでもあきらめずに戦い抜いた。本当にこのリザルトがうれしいよ」

セバスチャン・オジエ/総合2位(=)
「今回のラリーフィンランドは、僕たちもファンのみんなも長く記憶に残ると思う。僕は勝てなかったかもしれないが、それでも最後の一秒まで素晴らしいバトルが続き最高のフィナーレになった。今回のヤリマティは、純粋に打ち負かすことができなかった。今日の朝の段階で、差を詰めることは不可能だと分かっていたよ。最終2番目のステージでは、できる限りのリスクを負ったけど、ヤリマティも僕らのペースと対等だった。全体としては素晴らしい週末になったし、フィンランドで2位に入ってポイントを獲得できたんだから、僕は文句なしにハッピーだよ」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

クリス・ミーク/総合3位(=)
「このポディウムは、他のよりも特別だ。序盤2日間は上位陣と競り合い、それからはポジションを守りに入ったが、それでも首位との差は1分に満たない。自分たちが優勝争いをするまでには、まだまだやることがたくさんあるって分かっているよ。段階の途中という意味では、3位はすごくうれしいし、今後のための経験も積んだ。来年は、もっと上を目指して戦えるようになりたいね!」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合4位(=)
「独特の特徴を持つフィンランドは、カレンダーの中でも難関だし、今年も特別だった。だから、4位ですごくうれしいよ。土曜日からは後ろと差が開いていたから最終日はコントロールできたけど、パワーステージではボーナスポイントを狙ってアタックしたかった。最終的に4位で終わったけど、全体のパフォーマンスとしては満足だ」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ミッコ・ヒルボネン/総合5位(=)
「浮き沈みあったけど、ポディウム争いを目指していたので残念な結果だ。滑り出しはそう悪くはなかったし、金曜日の走りには満足していた。でも、小さなミスがあり、土曜日は躊躇してタイムをロスしてしまった。このフィンランドでは、これでは戦いにならない」

エルフィン・エバンス/総合7位(↑)
「これまでフィンランドはR2マシンでしか参戦したことがなかったので、WRカーで初めて走って、目が開いた気分だよ。この2つのマシンは、比較にならない。ペースノートもドライビングスタイルも特殊で、本当に独特のイベント。この週末で学んだことはすべて将来にとって重要だし、来年はもっと強くなって戻ってこれるはずだよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ユホ・ハンニネン/総合6位(↑)
「とてもいいラリーだったし、ハードに攻めた末に6位でフィニッシュできてうれしい。金曜日の午前はトラブルもあったが、その後はi20 WRCがとてもコンペティティブであると感じられた。今日はいいタイムも出せたし、チームとしてもいい働きができたと思う」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ヘイデン・パドン/総合8位(↓)
「期待していた終わり方にはならなかったけど、総合的にはいい走りができたと思う。今日は最初のステージからパワーステアリングにトラブルが出た。6位争いには勝てないだろうと分かっていたけど、とにかく走り切るしかなかった。今週は学んだことが多いと感じた。自信も高まったし、トップ6にいられたことはうれしい。次に参戦するオーストラリアが待ち切れない」

[RK Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

ロバート・クビカ/総合34位(↑)
「金曜日のミスは理想的ではなかったが、3日間はいい走りができたので、その点はうれしい。WRカーで初めてここを走るのは簡単なことではないし、最初の2日間は走行順が最初だったので、新しい経験だった。この週末は学んだことが多かった。次のドイツは、今季最初の本格ターマック。最近あまり舗装を走っていないけど、もちろん楽しみにしている。簡単なラリーじゃないと分かっているが、いまグラベルでいい感触を得られているので、舗装でもそうありたいね」



RALLY PLUS
Red Bull TV