Mスポーツのウィルソン代表「やる価値があることは分かっていた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツのウィルソン代表「やる価値があることは分かっていた」

 

ラリーメキシコのSS3で水没したオット・タナクのフォード・フィエスタRS WRC。コ・ドライバーのライゴ・モルダーは、水に濡れたペースノートを回収し、ホテルで必死に乾かしていたという。

一方、タナクのフィエスタRS WRCは10時間ほど浸水した状態から引き上げられ、サービスパークに戻された後、Mスポーツがただちに修復に入った。

ギアボックス、燃料タンク、ターボ、冷却システム、ブーストコントロールバルブ、電気系やブレーキのコンポーネンツ、フロント/リアサスペンションのコンポーネンツを交換した他、エンジンブロックを修復し、エンジン内に入り込んだ水をすべて抜き取った。

これらすべての作業を、Mスポーツのエンジニア、メカニック陣はわずか3時間で終えた。

「チームを心から尊敬する」とタナク。「大変な作業だったと思うが、いつもと変わらずに全力で作業に取りかかってくれた。スタッフのひとりひとりに感謝している」

「明日再スタートしてステージに戻ることは、僕らにとってとても重要だ。自信を取り戻さなくてはならない。チームはそれを可能にしてくれた」

チーム代表のマルコム・ウィルソンは「オットとライゴが無事だと聞いた時は、本当に安堵した。私にとっても、彼らをステージに戻すことが重要だった」とコメント。

「我々のテクニシャンたちが今晩行った作業は、驚くことではない。サービスパークでは、そんなことは不可能だと思っていた人がたくさんいたが、我々は十分にやる価値があると分かっていた」



DiRT4
DiRT4