WRCメキシコ:デイ3「勝つためにはプレッシャーを与え続けるしかない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:デイ3「勝つためにはプレッシャーを与え続けるしかない」

 

ラリーメキシコ、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント。総合2位につけていたSS12でデイリタイアに追い込まれたラトバラ。勝つためには首位を脅かす状況を作っていくしかない厳しさを語った。

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

セバスチャン・オジエ/総合首位
「ドライビングという点からみれば、この週末は間違いなく自分のキャリアの中でもベストのひとつ。パフォーマンスにはとても満足している。今日もミスをせず、完璧な一日だった。他にプレッシャーを与え続けた。ヤリマティがリタイアした後はリスクを負い続ける必要がなくなったが、まだまだ仕事は終わらない。ラリー前に、ライバルに不運がなければ自分が勝つことは考えにくいと言っていたが、今はそれが起きようとしている。でも、まだこのラリー最長でチャレンジングなステージが残っている。リードはしているが、どんな小さなミスも起こさないつもりでいく。集中力がなくなっってしまったら、大変な危険が待ち受けている」

ヤリマティ・ラトバラ/SS12でデイリタイア
「勝ちたければ、首位にプレッシャーを与え続けなくてはならない。でも、すべてのリスクを負うことはできないことも分かっていた。SS12ではいいリズムを築いていた。コーナーのイン側に穴があって、それを避けようとラインをわずかに外した先がルーズな路面で、とてもナローなセクションだった。左リアをバンクにヒットして、サスペンションにダメージを負ってしまった。ステージのフィニッシュで修復できればよかったが、残念ながら手の尽くしようがなかった」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
シトロエンDS3 WRC

マッズ・オストベルグ/総合2位
「すべて順調だった。午前はスピンで少しロスしたが、今日を通してペースはよかった。ここからは、フィニッシュまで自分の仕事に集中して、このリズムを維持しなくてはならない。DS3 WRCのフィーリングはいい。アンドレアスとはいいバトルができている。ラリーをフィニッシュしなくてはならないのはもちろんだけどね」

クリス・ミーク/総合18位
「今日は、走行順が早いとかなり難しくなると分かっていた。ラリー2で再スタートしたので、ルーズグラベルを掃かなくてはならなかった。目標はフィニッシュすること以外にない。総合順位を争うことはもうできないから、マニュファクチャラーズポイントを獲得することに専念していく」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツII]
フォルクスワーゲン・ポロR WRC

アンドレアス・ミケルセン/総合3位
「プランは変えずに、自分のリズムでトラブルを避けてどのステージもアクシデントなくフィニッシュすることを目指した。メキシコの経験はあまりなく、初めてのステージも多い。だから午前中の1回目の走行はいまひとつだったが、午後は少しアタックした。ここまでの内容にはとても満足している」

[Mスポーツ]
フォード・フィエスタRS WRC

エルフィン・エバンス/総合4位
「今日は全体的にいい一日だったが、何よりも安定していた。午前中はいいリズムがつかめなかったが、ダニがトラブルに見舞われたので、かなりプレッシャーがなくなった」

オット・タナク/SS11をスタートできずデイリタイア
「昨晩はメカニックたちが最高に素晴らしい仕事をしてくれたので、今日のステージをスタートすることができなくて本当に残念だ。結果的にスタートできなかったのは本当にささいなこと、センサーひとつが原因だった。もう修復したので、明日の朝にスタートする準備は整っている。ペースを取り戻すためには、明日、走るしかないので再スタートすることがとても重要だ。プレッシャーは何もないから、とにかくメキシコの最高のステージをエンジョイするよ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20 WRC

ダニ・ソルド/総合5位
「今朝は順調だった。走行順もよかったし、マシンのパフォーマンスにも満足だった。今日最初のステージの終盤でブレーキがなくなりかけたが、それでも4番手タイムだった。SS13ではベストタイムもマークできたが、午前中はギアボックスのトラブルが顕著になってきていた。チームが日中サービスで交換してくれたが、午後最初のステージで石にヒットしてパンクし、かなりタイムをロスした。ソフトのスペアを1本持っていたが、これで60km近くを走らなくてはならなかったので、慎重なアプローチで走っていた。とてもいい流れだったので、こんな終わり方は残念だが、それでも総合5位につけているので、日曜日はこの位置を守りたい」

ティエリー・ヌービル/総合11位
「まず、昨日の転倒からマシンを修復してくれたチームに感謝したい。とてもプロフェッショナルな仕事で、今日を再スタートさせてくれた。全般的にはいい一日だった。走行順は理想的ではなかったが、昨日のようなペースを見せることができた。今日も精いっぱいプッシュしてまずまずのリズムがつかめたが、21分のペナルティがあるので順位を挽回するのは大変だった。明日もいつもの通り戦いを続けていく」

[ヒュンダイ・モータースポーツN]
ヒュンダイi20 WRC

ヘイデン・パッドン/総合20位
「走行順が先頭だったので午前中は難しかったが、予想通りではあった。昨日は小さなミスが大きな痛手となっていたので、ラリー2で再スタートするチャンスがあってよかった。今日は我慢の走りに徹して、トリッキーなコンディションに対応した。今日はテストとして有効活用した。簡単ではなかったが、間違いなく有意義だった。午後は少しプッシュする計画だったが、パワーの低下が見られたのでフィニッシュするために慎重に成らざるを得なかった。明日の最終ステージはもう少しプッシュできればと思っている」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS