WRC第11戦フランス デイ3チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第11戦フランス デイ3チームコメント

 

※当初の「デイ2」を「デイ3」に変更しました。

[シトロエン・トタルWRT ]

セバスチャン・ローブ/総合首位
「なかなかうまく行っているね。コンディションがドライのままだったので、あまり気を抜くことはできなかった。明日は少し雨が降るかもしれないし、最終レグは比較的、ギャップに余裕を持ってスタートすることができる。明日のステージが待ち切れないよ。僕が育ったまさにその場所を走るんだからね」

ミッコ・ヒルボネン/総合3位
「SS15では道の真ん中にある石にヒットし、パンクしてしまった。ラリーが始まってから大きなミスもなく、この順位につけている。今日の自分のパフォーマンスには満足している。事実、今ひとつの出来だったのはたった1ステージだ。それ以外は、セブやヤリとも僅差のタイムだ。明日は距離は短いが、複雑な一日になりそう。雨になれば道はいっそうダーティでマディになるだろう。チームに結果をもたらすために、リスクを負うことなくプッシュを続けていくよ。」

[フォード・WRT]

ヤリマティ・ラトバラ/総合2位
「午前中にミスしたことは残念だったけど、今日も自分の速さはよかった。明日のステージは短いから、アタックするのは難しい。でも、優勝を狙うより2位の方が内容としてはいいのではないかと思っている。ローブがミスでもしなければ、勝つのはほぼ不可能だからね。僕のマシンはラリーを勝つに足りる速さを持っているが、ドライバーが向上しないとね」


ペター・ソルベルグ/総合43位
「アクシデントに遭ったステージは、スタートはクリーンだったが、高速の左コーナーでコースオフしてぶどう畑に突っ込んだ。道はすぐそこにあると分かっていたから、アクセルを踏み続けたが、自分がどういう状態にいたのかはよく分からなかった。フロントガラスは葉で覆われていたから前がよく見えず、思っていたよりも道はすぐ目の前にあったんだ。マシンはステージを横切って、道の反対側の畑に入りこんだ。それで電柱にぶつかったんだ。大きなヒットだったけど、柱が倒れたことはすぐには気づかなかった。僕が倒したんだと後になって分かった。あの時点では順調に進んでいたし、3位に入れる自信はあったから、残念だよ」

[シトロエンジュニアチーム]

ティエリー・ヌービル/総合6位
「ロスしたタイムをほぼ取り戻したので、終わってみればいい一日だった。明日の目標は、ベルギーの道とはまったく違う道の上にとどまることだね」

[WRCチームMINIポルトガル]
クリス・アトキンソン/総合9位
「日中サービスでマシンに変更を加えた後、午後はかなり走りがよくなり、MINIのフィーリングもよかった。明日の目標は、いいタイムをマークして、MINIを無事にフィニッシュに持ち帰ることだよ!」



DiRT4
DiRT4