ERCにレディス杯創設、日程変更も – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCにレディス杯創設、日程変更も

 

 IRCと統合後、新生ERCとして開幕し、既に2戦が終了しているヨーロッパラリー選手権(ERC)。第3戦からは、女性ドライバーを対象としたレディス杯が設けられることになった。ERCのプロモーター、ユーロスポーツイベントが明かした。

 第3戦以降、ERCに参戦する女性ドライバーには、総合順位で上位3人にそれぞれ3,2,1ポイントが与えられる。シーズン終了後、各女性ドライバーの自己ベスト4戦のポイントを合計する。シーズン勝者は、年末に行われるERCの表彰式で表彰されることになる。なおレディス杯の対象となるためにコンビを組むコ・ドライバーが女性である必要はない。

 FIAでは既にモータースポーツコミッションの中に女性委員会を設立していることから、ERCでも相当の活動が必要と認識したという。昨シーズンはブルガリアのトップ女性ドライバー、エカテリーナ・ストラティワがERCの総合シリーズ6位に入っている。ストラティワのコ・ドライバーも、ルーマニア出身の女性コ・ドライバー、カルメン・ポエナル。

 なお、6月に予定されていたクロアチア戦の日程が9月26-28日に変更となったため、当初この週末に予定されていたポーランド戦が9月13-15日に移動。8月31日-9月1日にはチェコ戦と合わせ、2週間おきに3戦が開催されることになった。



DiRT4
DiRT4