WRCアクロポリス:デイ3チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアクロポリス:デイ3チームコメント

 

アクロポリスラリー、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
ヤリマティ・ラトバラ/総合優勝
「すごく興奮している。この勝利をフォルクスワーゲンのみんなに捧げたい。今季の滑り出しは僕にとっては厳しい展開になっていたが、チームは僕のことを信じ続け、全力で支えてくれた。いま、たくさんの笑顔を見ることができて、うれしいよ。アクロポリスで勝てたことも、とても大きな意味を持つ。すごくタフで、正統派のラリーだからね。18歳の時、初めてこのイベントに参戦して以来、いつかここで勝つことを夢見てきた。最後のステージは一番長く、一番辛くも感じた。一つ一つの石と衝撃をマシンの中で感じ、フィニッシュラインが目に入ってくることが待ち遠しかった。今日はお祝いだ!」

セバスチャン・オジエ/総合10位
「10位という結果と、パワーステージのトップタイムでのポイント、今回はこれが「精一杯だ。もちろん、ポディウムに上がるだけの力があるのに、とても悔しいが、かなり早い段階で燃料ポンプへの電源供給トラブルが発生して、どうにもならなかった。速さと、すべてのデイを走り切ること、そしてライバルが苦戦している時に相当のポジションにいることがすべてなんだ。選手権争いでは首位を守っているので、残るラリーではトップ争いにまた戻れることを考えていかなくてはね」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
ダニ・ソルド/総合2位
「優勝は目指さなかった。不必要なリスクを避けて、堅実なラインでのドライビングに徹した。ここ4戦中、3戦でポイント圏外でのリザルトが続いていたから、2位という内容なら士気が高まるし、どうしても必要だったポイントも獲得できたんだ。今回の結果で自分の自信を高め、新たな高みに到達した上でイタリアを迎えたいね」

ミッコ・ヒルボネン/総合7位
「本当にアンラッキーで、さんざんな結果だ。でも、モータースポーツではこうしたことも起きるもの。ポジティブな気持ちを持ち続け、次のイベントに集中して、運気が変わることを祈るよ」

[カタールWRT]
ティエリー・ヌービル/総合3位
「この週末は、僕たちのマシンがとてもコンペティティブであることを見せることができた。僕たちクルー自身もコンペティティブであることも、見せられたと思う。いい仕事ができたし、戦略もうまく行って、今年2回目のポディウムフィニッシュにつなげた。速さがあると共に、賢明になれることも証明できた。ギリシャでは、時にこれがすごく重要になる。もちろん、簡単ではなかったよ!僕はまだ24歳だし、他のドライバーがすごくいいタイムを出しているのに自分を抑えるというのは、とても難しいことだ。でも、それがうまく行った。僕たちも日々成長しているんだ。チームも、いい仕事をしてくれたし、メカニックたちにも心から感謝したい。この感じのパフォーマンスを続けていきたいし、シーズンの残りでさらに成長していきたい」

[カタールMスポーツWRT]
マッズ・オストベルグ/総合6位
「僕たちには非常に厳しい週末になった。すべてが自分にとって悪い方に動き、本当にストレスがたまった。すべてがうまく回れば、もっと速くなって、いいスピードを見せることができると思うが、今回は自分の望むリザルトとはほど遠いね。速さ的にはいい感じが出ているようだから、その気持ちを抱いてイタリアを迎えるよ。これまでもいい結果を残しているイベントだから、ここで悪い運を断ち切りたいね」

エフゲニー・ノビコフ/総合9位
「全般的にはいい速さを見せることができたと思うが、デイ2のアクシデントで好リザルトへの望みが絶たれてしまった。すべてが順調に進んでいて、マシンのフィーリングもリズムもよかった。全開で攻めなくてもいいタイムが出せていたので、これは今後に向けての好素材だ。もちろん、期待していたリザルトではなかったけど、この週末はたくさんのポテンシャルを見せることができたと思う。トップ争いができる強さを見せられたし、イタリアでもこの感じで行けるといいね」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ2]
アンドレアス・ミケルセン/総合4位
「ラリーも、最終日も素晴らしかった。昨日は厳しい展開だったけど、今日はすべてが思い通りに進んだ。いいリズムを築いて、4位のナッサー・アルアティヤにプレッシャーをかけ、それがうまく行った。ナッサーをかわしたのは、午前セクションの終盤だった。SSでベストタイムを連発できたことで華も添えられたね。アクロポリスでの結果と自分のパフォーマンスには満足している。僕にとってWRCでのベストリザルトだから、本当にうれしい。昨日、懸命にがんばってくれたメカニックにも感謝したい。次のイタリアが待ち遠しいよ」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS