WRCフィンランドの参戦準備としてオートグリムラリーに挑んだ新井大輝と勝田貴元がクラス2‐3フィニッシュ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランドの参戦準備としてオートグリムラリーに挑んだ新井大輝と勝田貴元がクラス2‐3フィニッシュ

©TMR

TOYOTA GAZOO Racingのラリーチャレンジプログラムで実戦トレーニング中の新井大輝と勝田貴元。今月末に控えるビッグチャレンジ、WRCラリーフィンランドに備えて、フィンランド国内サスタマラで開催されたオートグリムラリーに参戦した。ともにミスはあったものの、WRC戦を見据えた貴重な経験を積み、新井がR5クラス2位、勝田は3位でこのラリーをフィニッシュした。

「いろいろなことを試しながらだったので、ミスもあった。マシンは素晴らしく、すべて順調だったが、慎重すぎる場面もあったかもしれない。いずれにしても、成長していく過程のひとつ」と新井。2位という結果には「とにかく自分のドライビングに集中していたので、このリザルトは予想外。基本に立ち戻って臨んだ。ただそれに、結果がついてきた」

一方、約6ヶ月ぶりのフィンランドでの事前テストで「前と比べてフィーリングがとてもよくなっている」と語っていた勝田。今回のラリーの結果について「たぶん、もう少しリラックスするべきなのだと思う。ストレスを感じることなく、フィーリングだけをつかめるように。でも、このラリーをクラス3位でフィニッシュできて、いいフィーリングをつかむことができた。今月末のラリーに向けて、いいトレーニングになった」と一定の満足を見せた。

トミ・マキネン・レーシングはチームのFacebookでハイライト動画を公開している。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS