ヒュンダイi20 WRC、グラベルテストを実施 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ヒュンダイi20 WRC、グラベルテストを実施

 

ヒュンダイ・モータースポーツは、7月に2014年スペックのi20 WRCでグラベルテストを行なったと発表した。

既報のとおり、チームは2014年の参戦に向けてユホ・ハンニネン、ブライアン・ブフィエ、クリス・アトキンソンら3名を開発ドライバーに迎え入れた。3人はこのテストにおいて新コンポーネンツの評価テストを行なったという。

チーム代表を務めるミシェル・ナンダンは「このテストで、i20 WRCのパフォーマンスについて様々なことを学んだ。いくつかニューマシン特有のトラブルはもちろんあったが、それこそがテストの目的だ。問題を分析して理解する時間は十分にとってある。ドライバーたちについても非常にポジティブな印象をもったよ」

チームは7月にコンポーネンツの解析を主目的とした2度のテストを行なった。

「2度のテストセッションはフランス南部のシャトー・ラストゥールとマザメで行なわれた。ラフで速度の高いステージでのデータは我々にとって重要だ。今回のテストで得られたトランスミッションやサスペンションといった主要コンポーネンツのデータや以前のターマックテストのデータを活用し、アルツェナウのエンジニアリングとデザインチームはより完璧なi20 WRCの完成を目指して取り組んでくれるだろう」

「時間のないなか作業を重ねているが、チームとしてはうまくまとまりつつあると思う。グラベルテストをスタートさせたことで、また一歩前進することができた。チーム全体の努力を誇りに思っているし、次の段階に進むのを楽しみにしている」



DiRT4
DiRT4