プジョー208 R2ラリプラ号、全日本ラリー第5戦モントレーで2位表彰台を獲得 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

プジョー208 R2ラリプラ号、全日本ラリー第5戦モントレーで2位表彰台を獲得

©PCJ

プジョー208をベースとしたラリー専用車「208 R2」が、2017年全日本ラリー選手権第5戦「モントレー2017 in 嬬恋」に今シーズン初参戦した。路面コンディションが変化する難しいラリーとして知られるモントレーを、柳澤宏至/中原祥雅組はミスなく走り切り、JN5クラス2位でフィニッシュした。

第5戦は群馬県嬬恋村周辺のターマック路(舗装路)を舞台に、例年よりも2カ月ほど早い6月10日(土)〜11日(日)に開催された。プジョー208 R2でJN5クラスを戦う「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」の柳澤/中原組は、約半年ぶりの実戦にもかかわらず、突然の雨によりライバルが足元をすくわれるなか、初日をクラス2番手で走行。2日目も安定したペースで走り切り、2位表彰台を獲得した。

PCJ

プジョー208 R2 ドライバーコメント
柳澤宏至選手(ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム)JN5クラス 2位

「私にとっても、マシンにとっても、久々の実戦となりましたが、2位のポジションを守って走り切ることができました。初日はライバルの先行を許す場面もありましたが、天候が荒れたり、霧が出たりすれば、これまでの経験を活かして順位を上げることができます。特に濃霧となった初日後半のステージでは、コ・ドライバーの中原選手が読み上げるペースノートをしっかり聞いて、集中して走りました。プジョー208 R2は昨シーズン1年間乗ってきたので、勝手知ったるということもありましたが、トラブルもなく安心してドライブできました。特にスムーズなコーナーが続くステージでは、プジョー 208 R2の高いコントロール性を活かすことができます。同じくドライコンディションとなった2日目のステージも気持ち良く走れました」

全日本ラリー選手権第5戦「モントレー2017 in 嬬恋」 JN5クラス リザルト
1位 小濱勇希/馬場雄一 シトロエンDS3 R3-MAX 50:56.0
2位 柳澤宏至/中原祥雅 プジョー208 R2 51:37.6
3位 大橋逸夫/木村裕介 MINIジョン・クーパー・ワークス 55:35.7
4位 竹岡圭/漆戸あゆみ アバルト500ラリー R3T 1:04:25.1
リタイア 川名賢/キャシー・デュロッソウ シトロエンDS3 R3-MAX ──
リタイア 鷹野健太郎/ヤナ MINIクーパーS ──
リタイア 眞貝知志/安藤裕一 アバルト500ラリー R3T ──



DiRT4
DiRT4