WRCポルトガル:3台のヤリスWRCが揃ってトップ10以内で完走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:3台のヤリスWRCが揃ってトップ10以内で完走

ユホ・ハンニネン

©TOYOTA

5月21日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦 ラリーポルトガルの最終日となるデイ4の競技がポルトガル北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのユホ・ハンニネンが総合7位、ヤリ-マティ・ラトバラが総合9位、エサペッカ・ラッピが総合10位でフィニッシュ。初の3台体制で臨んだラリーで全車が完走を果たした。

競技4日目は、サービスパークが置かれるマトジニョスの北~東北エリアで4本、計42.93kmのグラベルSSが行われた。ハンニネンは安定感のある走りを続け、SS18では5番手タイムを記録。前日よりも少し体調が好転したラトバラは、ミスなく4本のSSを走破し9位の座を堅持した。そしてラッピは、今回がワールドラリーカーでの初ラリーであったにも関わらず、10位でフィニッシュしポイントを獲得。さらに、ボーナスポイントがかかる「パワーステージ」のSS19では、4番手タイムを記録してボーナスの選手権ポイントを加算した。終わってみれば全車がトップ10以内で完走を果たし、ポイントを獲得。トヨタにとって実り多きラリーとなった。

トミ・マキネン(チーム代表)
「今回もまた非常に難しいラリーでしたが、将来に向けていろいろなことを学びました。そして、3台のヤリスWRCがすべて完走したことに満足しています。我々の中で最上位だったユホは、一貫して堅実な走りで7位に入り、ポイントを加算しました。もしも小さなトラブルに見舞われなければ、きっとさらに上の順位でフィニッシュしていたはずです。今回も彼は我々のプログラムにとって大事な貢献をしてくれました。ヤリ-マティは昨日かなり体調が悪く心配でしたが、彼は体調不良を乗り越え最後まで戦い抜きました。そしてエサペッカは、今回がヤリスWRCでのデビュー戦だったにも関わらず3ポイントを獲得するという、素晴らしい働きをしてくれました。彼が今回急激にスピードを高めていったことに感銘を受け、彼の将来は明るいと確信しました。チームは、ここまでに学んできたことをとても効率的に吸収しています。コ・ドライバーを含む選手全員と、すべてのチームスタッフに感謝しています」

ヤリ‐マティ・ラトバラ

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)
「これまでのキャリアで、もっとも身体的に辛いラリーでした。昨日は本当に体調が悪かったのですが、病院で夜を過ごし点滴を受けた結果、今日はかなり回復し、最後まで走りきってポイントを獲得できました。大変なラリーが終わったので、これからの2日間はひたすら寝続けると思います。次戦サルディニアの前にテストの予定はないので、ゆっくりと体を休め、そして万全の体調で次のラリーに臨みたいと思います」

ユホ・ハンニネン

TOYOTA

ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)
「今回のラリーポルトガルは、前戦のラリーアルゼンチンほどではありませんが、それでもかなりトリッキーなラリーでした。このラリーに対する経験は十分ではありませんでしたが、それでも最後まで走りきりポイントを獲得できたのでハッピーです。もっとも重要なのは、このラリーから多くを学び、そして全体的にクリーンな走りをできたことです。お陰で自信を持つことができました。今日は、今後に向けていくつか新しいことを試しました。また、ファフェのステージには信じられないほど多くの観客が集まり、素晴らしい経験でした。ラリーを見に来てくれた観客の皆さんにも、感謝の気持ちを捧げたいと思います」

エサペッカ・ラッピ

TOYOTA

エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC #12号車)
「いろいろな意味で、今回は予想通りに行かないラリーでしたが、今の自分たちに適切なスピードを見出だすことができたと思います。それは本当に重要なことなので、満足しています。今日の最初の2本のSSではタイヤを温存したので、残る2本のSSでは思い切り攻めることができました。そして最後のファフェのパワーステージのビッグジャンプでは息をのむ着地となりましたが、少なくともヤリスWRCのサスペンションがいかに丈夫かを証明できたと思います。ラリーが始まる前、実は密かにポイントを獲得できるのではないかと期待していたのですが、パワーステージでもボーナスポイントを得られるとは、夢にも思っていませんでした」

次戦は、6月8日から11日にかけてイタリアのサルディニア島で開催される、シリーズ第7戦ラリーイタリア(サルディニア)。ラリーポルトガルと似た砂状の、軟らかいグラベルコースが戦いの舞台となる。6月のサルディニア島は気温が高くなることが多いため、次回もタフなラリーとなることが予想される。トヨタは引き続き、ラトバラ、ハンニネン、ラッピの3台体制でラリーイタリアに臨む。

WRCポルトガル最終リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC3:42:55.7
2ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+15.6
3ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+1:01.7
4オット・タナクフォード・フィエスタWRC+1:30.2
5クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+1:57.4
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+3:10.6
7ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+3:48.9
8マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+5:29.7
9ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+5:43.6
10エサペッカ・ラッピトヨタ・ヤリスWRC+8:13.3


DiRT4
DiRT4