WRCポルトガル:WRC2はデイ2を終えてアンドレアス・ミケルセンが圧勝ペース – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:WRC2はデイ2を終えてアンドレアス・ミケルセンが圧勝ペース

©SKODA AUTO

WRCラリーポルトガル、デイ2を終えてWRC2部門ではアンドレアス・ミケルセン(シュコダ・ファビアR5)が圧勝ペースを見せ、すでに大差をつけて首位に立っている。

今季はモンテカルロ、コルシカと、ここまで参戦した2度のWRC2部門をいずれも勝利で飾っているミケルセンは、この日の最終ステージ、ブラガ・ストリート・ステージで、総合でも5番手のタイムを叩き出した。
「かなり完璧と言える一日だった」とミケルセン。
「今日のポイントは速いドライビングと、ラフな道でマシンを労ることのバランスを見つけることに尽きた」

部門2番手のティーム・スニネン(フォード・フィエスタR5)と、ミケルセンのチームメイトで選手権リーダーのポンタス・ティデマンド(ファビアR5)は2.3秒と僅差の争い。この日はお互いに順位を攻防する展開となり、一時はスニネンが11.5秒差をつけていたが、この日最後の3SSでティデマンドが差を詰めてきた。

WRC2のポディウム争いはこの3人が圧倒しており、4番手のカンタン・ジルベール(ファビアR5)は、ミケルセンに4分近くの遅れを取っている。後に続くのは、ピエール・ルイ・ルーベ、エリック・カミリ(いずれもフィエスタR5)。ルーベは、ターボのブーストバルブのトラブルでタイムをロス。カミリは、スペイン国境近くを走るこの日最後のグラベルステージでパワーステアリングを破損し、1分以上の遅れを喫した。

この日のラフなコンディションでは、ヨハン・ロッセル、ヨアン・ボナート、勝田貴元、エミル・ベルクビスト、ファビオ・アンドルフィなど、WRC2部門でも多くのドライバーがデイリタイアに追い込まれた。

ガス・グリーンスミスはサードベストを2回マークしたが、リアのディファレンシャル破損で7分近くをロス、トップ6から陥落した。ベニート・グエラはスロットルペダルの破損で大量ロス。エンジントラブルやホイール破損に見舞われた新井大輝も、部門15位にとどまっている。

WRCポルトガル WRC2部門 SS9終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1アンドレアス・ミケルセンシュコダ・ファビアR51:40:36.3
2テーム・スニネンフォード・フィエスタR5+1:04:5
3ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+1.06.8
4カンタン・ジルベールシュコダ・ファビアR5+3:48.1
5ピエール・ルイ・ルーベフォード・フィエスタR5+4:13.1
6エリック・カミリフォード・フィエスタR5+4:14.8


RALLY PLUS
RALLY CARS