WRCポルトガル:ラッピ「驚くほど緊張していない」プレ会見 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:ラッピ「驚くほど緊張していない」プレ会見

エサペッカ・ラッピ

©Naoki Kobayashi

WRCポルトガルのスタート前に行われたイベントカンファレンスの内容(抜粋)。このポルトガルで待望のWRカーデビューを果たすエサペッカ・ラッピ。カート経験もある異色の次世代フライングフィンは、大舞台を前にリラックスした表情を見せた。

●WRCプレイベントカンファレンス出席者
クリス・ミーク=KM(シトロエン・トタル・アブダビWRT)
ダニ・ソルド=DS(ヒュンダイ・モータースポーツ)
オット・タナク=OT(MスポーツWRT)
エサペッカ・ラッピ=EP(トヨタ・ガズー・レーシングWRT)

Hyundai Motorsport GmbH

Q:ダニ、シェイクダウンではトップタイムだった。この週末、次に勝利を収めるのは自分だという自信は感じるか。
DS: ポルトガルでは、厳しい戦いが3日間待っているから、シェイクダウンでのタイムはそれほど重要ではない。とはいえ、モチベーションの意味ではいいね。10番手ではなく、ベストタイムを出すのがベスト。マシンはいい。パフォーマンスにも全てにも満足しているから、スタートが楽しみだ。

Q:ここまで、グラベル戦ではいいペースをみせてきた。アルゼンチンでのことは残念だったし、かなりタイムをロスした。今年ここまでのグラベル戦での、自分のペースには満足しているか。
DS: 正直なところ、マシンは昨年よりもよかったし、ドライブも格段にしやすくなったし、マシンにも十分自信を持っていた。メキシコではトラブルがあり、アルゼンチンではステアリングが破損したが、ステージでのスピードはよかった。だから、その点については満足している。

Q:今日のエピソードについて。マシンの中が下着だらけになっていたそうだが、何かのおまじないなのか。
DS: (笑)ラリーマシンをドライブする時は、いつも同じ下着をつけているんだ。でも、毎晩洗っているよ。アルゼンチンの最終日は、洗ったんだけど朝はまだ乾いていなかったので、マシンに置いておいた。ラリーの後、メカニックがマシンの中で下着を見つけたので、今回のラリーに持ってきて欲しいと頼んだんだ。僕の幸運の下着だからね。そしたら、メカニックたちが僕のマシンの中を女性の下着で埋め尽くしたんだ。かなりお金を使ったろうね!

Q:今年はルートの変更はあまり多くなく、新しいステージが数本と、逆走になったステージがある。今年のルートについて、どう思うか。
DS: 逆走になって、トリッキーになった場所も少しある。ペースノートを作り直さなくてはならないし、それが少し難しいところもある。主催者ががんばって取り組んでくれたので、ワイドになったところや、速度が上がったところもある。昨年よりも少しソフトになったステージもあるので、そういったところはライン取りが難しいかもしれない。でも全体的には、ラリーはいつものようにいい感じだ。最終日、ファフェの周辺はちょっと違って、前よりも少しスリッパリーになって難しくなっているが、いいラリーだ。

CITROEN / @World

Q:クリス、何かおまじないはあるか。
KM:アルゼンチンの後、ちゃんと下着を換えたよ!

Q:最終日は悔しいアクシデントだった。ポールと一緒にほぼ無傷で出てきて、マシンの頑丈さが証明された。
KM:あれだけの速さで走っていると、大きなミスでなくても大きなアクシデントになってしまう。今でも、何が起きたのかよく分かっていないんだ。姿勢を変え始めた時に少しアンダーになったが、なぜなのか今でも分からない。大丈夫だと思ったが、そうしたら左リアが接触して、その後は、僕はもう乗っているだけでしかなかった。マシンは頑丈に設計されているから、転倒しても力が分散したので、ラリー車としては完璧なアクシデントだった。だから歩いて出てこられた。そこが一番重要なところだ。

Q:ポルトガルが待ち遠しかったのではないか。この週末に向けての気分は。
KM:フィーリングはいい。何と言えばいいか、今年は本当に滑り出しが厳しかった。テクニカルな問題もたくさんあったし、自分もミスがあったので、それが合わさって難しい状況になっていた。今回は成長して、サプライズは起こさないようにしたい。今週の目標はシンプルに、クリーンな走りをすること。テクニカルな面でも、自分のパフォーマンスの面でもね。

Q:昨年のポルトガルでは、素晴らしい成功を収めた。ルートに大幅な変更はないが、君はあるステージでそれまであった森がなくなっていたと語っていた。レッキの際、何か変えなくてはならないことはあったか。
KM:開催エリアも使う道もほぼ同じだが、逆走になるところがあるので、ペースノートを書き換える場所もある。森の一部がなくなったところがあるので、ポルトガルの違う地方に来たような感じになる。あそこには、いつも木が生えていると覚えていたからね。ウェールズやフィンランドに少し似た感じで、かなり雰囲気が変わった。でも、同じ地方だし、路面も同じ。主催者ががんばってくれたので今のところ道はいい感じだが、ラリー車が走り始めたら、2回目の走行はかなり轍が深くなるに違いない。だから、ビッグチャレンジになるよ。

Q:オット、今年はグラベルでいいペースを見せてきたが、テクニカルトラブルやミスがあって、ポディウムの中央になかなか届かない。今回のラリーに向けてのフィーリングと、優勝争いができる可能性についてどう考えているか。
OT: もちろん、ターゲットはいい走りをすることと、ラリーに勝つことだ。今、選手権はとてもタイトな戦いになっていて、速いドライバーがたくさんいるので、勝つためには完璧なラリーをしなくてはならない。挑んでいかなくてはならない。ポルトガルは何度も参戦しているが、いつもいい内容だ。ここまでグラベルでのフィーリングはいいので、期待したいね。

Q:今は誰もが、新型マシンの向上に努めている。マシンをより自分に合わせるために、どんなテストをしているか。
OT:このマシンは、いつも自分に合っていると思っている。この点は、問題にはなっていない。でもパフォーマンスを向上させなくてはならない。今はラリー間のリンク制があって箱の中身を大きく変更することはできないので、あらゆる点を向上させたいと思っているし、新しい何かを見つけようとしている。アルゼンチンは、グラベルでフルパワーを出せる最初のイベントだったので、いいフィードバックがたくさん得られた。だから、テストよりも、多彩なコンディションを走るラリーで学べることの方がたくさんあると言える。極端なコンディションでは学ぶことも多いし、ラリーの後にそういう部分を向上させて、いい形のパッケージにすることを目指している。

Q:今回もターゲットは優勝だということだが、今年は次に何が起こるか分からない状況が続いている。選手権争いに加わる1人としての気分はどうか。
OT:エキサイティングだよ。ドライバーにとっては、何が起こるかはいつだって分からない。目指すのは、いつでもベストを尽くすこと、万全の準備を整えることだ。レッキは重要だし、ラリーでは、何本か走ればフィーリングやペースが合っているかどうか、何を狙えるかが分かり始めるが、ハードにプッシュするドライバーはたくさんいる。だから、自分たちもそうしていく必要があるんだ。

TOYOTA / @World

Q:エサペッカ、WRCにようこそ。このポルトガルは、WRカーでのデビュー戦だ。この日を待ちわびていたと思うが、最初のステージが目前に迫っている。今の段階でのフィーリングはどうか。興奮しているか。
EL: そうだね。正直、自分がまったく緊張していないことに驚いている。居心地がいいって言ったらいいのかな。そのうちに盛り上がってくると思う。たぶん、明日辺り。

Q:今戦を迎えるまでの準備について。グラベルでは、どれくらいテストをしてきたのか。
EL: 3日間行った。先週はポルトガルでプレイベントテストをしたが、2日間はひどい雨だったので、ドライ向けのセットアップができなかった。今日の朝(シェイクダウン)は、自分にとって全く新しいコンディションだったので、少し苦戦していた。2回の走行の間に大きな変更をして今はよくなったが、自分向けに合わせるために週末の間も作業をしていかなくてはならないと思う。でも全体的には、ファインチューニングの問題で、大きな部分ではすでにいい形になっている。とにかく、自信を高めていくことだね。

Q:まだセットアップは作業中とのことだが、この週末の目標は何か。比較する対象は、チームメイトだけか、または他のドライバーか。
EL: もし何かと比較するなら、チームメイトが一番フェアだと思う。2人のうちのどちらかに勝つことができたとすれば、とてもいい内容だからね。ヤリ(‐マティ・ラトバラ)は壁が高過ぎるかもしれないけど、ユホ(ハンニネン)はいいベンチマークになるんじゃないかな。もし、クリスの後ろ辺りの順位につけることができたとすれば、大騒ぎだよ! リザルトとしては、特にこだわらないかな。競技レベルや、週末を通してプッシュすることがどれだけハードかを理解するまでに時間がかかるからね。とにかくトラブルフリーのラリーがしたい。及第点の順位でフィニッシュできたらいいけど、とにかく全てのステージを走り切ることが必要だし、チームもそれを求めている。

Red Bull TV
RALLY CARS