全日本ラリー選手権第6戦、ARKラリー洞爺が大会概要を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

全日本ラリー選手権第6戦、ARKラリー洞爺が大会概要を発表

©Naoki Kobayashi

2017年JAF全日本ラリー選手権第6戦として6月30日-7月2日に開催される2017 ARKラリー洞爺の大会主催者が、ウェブサイトで大会概要を発表した。今年は新たに蘭越町の林道ステージが登場する。

発表によると、ラリーは今年もホストタウンを洞爺湖町に置き、HQとサービスパークは洞爺湖文化センターとなる。サービスパークから徒歩で移動できるSSS(スーパースペシャルステージ)、「SSS NEW VOLCANO」を30日(金)から毎日1回ずつ行うのも例年どおりの設定だ。

30日(金)には、レッキと車検、開会式を行い、デイ1aとして、「SSS NEW VOLCANO 1」を走行する。翌7月1日(土)のデイ1bは、今まで全日本ラリーでは使われたことのない蘭越町の3カ所の林道SSを2回ループした後、「SSS NEW VOLCANO 2」を走行する構成。そして、ラリー最終日となる2日(日)のデイ2は、豊浦町からニセコ町、真狩村を通るおなじみのルートを3カ所のSSを2回ループする。この日の「SSS NEW VOLCANO 3」は、ループとループの間に行われる。

林道ステージの観戦ポイントは、デイ1b、デイ2ともに設けられ、さらにデイ1bにはリエゾン中にラリーパークも開設される。ラリーの総走行距離は約500kmで、SS総距離は約90kmになるという。

参加申込は5月22日(月)から開始するとアナウンスされている。

2017 ARK ラリー洞爺 – プレビュー



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018