マキネン「メキシコでの学びを活かしてアルゼンチンでは良い結果を狙う」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

マキネン「メキシコでの学びを活かしてアルゼンチンでは良い結果を狙う」

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingは、4月27日(木)から30日(日)に開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリーアルゼンチンに、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(#10号車)と、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(#11号車)の、2台のヤリスWRCを参戦させる。

南半球のアルゼンチンは現在初秋。アルゼンチン中部の都市コルドバの南西から西北にかけての広いエリアに設定されるSSは、南西部の谷間には砂のような柔らかい道が多く、西部の山岳路は道幅が狭く荒々しい岩に囲まれた道が続く。走行するエリアによって道のキャラクターが大きく変わるのがこのラリーの特徴だ。また、SSの途中には川渡りやジャンピングスポットなど派手なアクションが観戦できるポイントが多く、ファンにとっても非常に魅力的なラリーとなっている。

ラトバラは、2014年のWRCラリーアルゼンチンで総合優勝している。また、ハンニネンはIRCとして開催された2010年に優勝を果たしている。両ドライバーにとって、アルゼンチンは相性の良いラリーといえる。

チームは、ラリーアルゼンチンに向けてのグラベルテストをイタリアのサルディニア島で実施。様々なテストメニューを消化し、ヤリスWRCのグラベルでのパフォーマンスをさらに高めることに成功したという。

TOYOTA

トミ・マキネン(チーム代表)
冷涼な気候で行われるグラベルラリーのアルゼンチンは、以前に私がドライバーだった時、いつも素晴らしいラリーだと思っていました。今回のラリーも、いろいろな気象条件下での戦いとなるでしょう。ラリーメキシコで我々は多くを学びましたが、特に高い標高でのグラベル走行を経験したことは、同様の条件であるアルゼンチンを戦う上で役に立つはずです。ここまで1戦ごとにクルマを良くしてきたので、アルゼンチンではさらに改良を進めることを目標に置いています。ラリーメキシコを戦った時よりも自分たちは力をつけていると思うので、アルゼンチンでは良い結果を狙いたいと思います。

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)
私にとってアルゼンチンは、常に良い気分で戦う事ができるラリーです。以前に優勝した経験があり、去年も土曜日の午後にトラブルでコースアウトするまでは、ラリーをリードしていました。金曜日と土曜日のコースは流れるような高速のコーナーが多く、最終日の日曜日は低速でテクニカルなコーナーが連続し、さらに霧など悪天候に見舞われる可能性も高いトリッキーなコースです。全体的には砂状の柔らかい道が多いのですが、概ねタイヤのグリップレベルは良好です。事前テストはとても有効で、いくつかの異なるセットアップを試せました。特に、メキシコではベストとはいえないフィーリングだったデファレンシャルに関しては、アルゼンチンに向けて入念にセッティング作業を行い改善に努めました。

TOYOTA

ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)
アルゼンチンは私が大好きなグラベルラリーのひとつで、楽しい思い出がたくさんあるラリーですので、久しぶりの出場がとても楽しみです。アルゼンチンのコースはとにかく素晴らしいのですが、SSだけでなくリエゾン(移動区間)でも情熱的に応援してくれる、ファンの皆さんもまた素敵ですね。アルゼンチンでもっとも読めないのは天候で、最近現地の天気予報をチェックしているのですが、晴天、降雨と、天気は常に変わっているようです。例えばレッキ(コースの事前下見走行)の後に路面コンディションが変わると、大変難しいラリーになります。とはいえ、クルマを状況に応じて微調整すればよいと思っています。例えば、路面が泥状になったらクルマを少し柔らかめのセッティングに変えるぐらいですね。何が起ころうと自然に、気負わないでドライブする事が大切です。チームは現在とても良い状態にあるので、私も一緒になって前に進みたいと思います。

RALLY CARS
Red Bull TV