スバル、新型WRXをLAオートショーで公開! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、新型WRXをLAオートショーで公開!

 

富士重工業は、新型WRXをアメリカ・ロサンゼルスで開催されている2013年LAオートショーにおいて、新型「WRX」(米国仕様車)を世界初公開した。

 新型WRXの商品コンセプトは、「Pure Power in Your Control」。優れた環境性能を併せ持つ2.0ℓ水平対向直噴ターボ“DIT”エンジンがもたらす強烈なパワーを、徹底的に剛性を高めたボディとシャシーで受け止め、ドライバーにハイパワー車を意のままに操る歓びを提供。さらに、トランスミッションには、6速マニュアルトランスミッションに加えてスポーツリニアトロニックを新規設定。滑らかな変速モードだけでなく、シャープな変速レスポンスを実現する8速マニュアルシフトモードも備え、より多くのドライバーへスポーツ走行の愉しさを提案していく。

 WRXは、スバル独自の水平対向ターボエンジンを核とするシンメトリカルAWDシステムを搭載した、スバルのAWDスポーツパフォーマンスを象徴するモデル。1992年の初代モデル誕生以来、実用的な4ドアセダンでありながら、圧倒的なスポーツ性能を兼ね備えた個性的なスポーツセダンとして、世界中のスポーツカーファンから支持を得てきた。

【WRXの主な仕様】(米国仕様)

ボディサイズ(全長×全幅×全高):4,595×1,795×1,475 mm*
ホイールベース:2,650 mm
エンジン:2.0ℓ水平対向直噴ターボ“DIT”エンジン
排気量:1,998cc
トランスミッション:6MT、スポーツリニアトロニック**
最高出力:268hp/5,600rpm
最大トルク:258lb.-ft./2,000-5,200rpm
タイヤサイズ:235/45 R17
乗車定員:5名

*……ルーフ面は1,465mm
**……リニアトロニック:フル電子制御自動無段変速(CVT)



DiRT4
DiRT4