ニカラ/足立さやか組がフィンランド選手権3位入賞「走行を重ねるごとにフィーリングが合ってきている」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ニカラ/足立さやか組がフィンランド選手権3位入賞「走行を重ねるごとにフィーリングが合ってきている」

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにてコ・ドライバーとしてフィンランドラリー選手権に挑戦中の足立さやかが、3月10-11日に開催されたフィンランドラリー選手権第3戦、Tahko SM-Ralliにドライバーのヤルコ・ニカラと共にスバル・インプレッサWRXで参戦。クラス3位、総合3位で初の表彰台を獲得した。

同選手権今シーズン最後のスノーラリーとなるTahko SM-Ralliは、Tahkoスキーリゾートを中心に、フィンランド東央部のNilsiäで開催され、スペシャルステージ(SS)6本、総SS距離104.32kmを含む全292.15kmの行程で154台が競いあった。コースはワイドセクションとナローセクションが混在し、ハイスピードからナローセクションに進入するコーナーなど、非常にテクニカルな設定。ペースノートの精度の高さ、最適なタイミングでの読み上げなどが要求され、ニカラ/足立組にとって大きなチャレンジとなった。

SS1でトップタイムを出し、好調なスタートを切ったニカラ/足立組は、SS2以降も常に総合3位のポジションをキープし、各ステージでのトップとの差は1~3秒台という僅差の戦いを繰り広げた。最終SSは32.83kmとこのラリー最長で、さらに順位を上げることも期待されたが、ニカラ/足立組のスタート直前で競技が中断され、ふたりはスタート位置で45分間足止めされた。日没が近づいて路面の凍結が始まり、さらに通常のライトのみで薄暗い中での走行を強いられたクルーは、そんな中でも最後のアタックを試みたが、ステージ後半にエンジン不調も重なり、スローダウンを余儀なくされた。しかし、最後まで慎重に車を運び、クルーにとって初めての表彰台を獲得した。

各ステージで記録されたトップタイムの平均時速が120.4km/hというハイスピードのラリーで、また、ライバルたちが格上のR5車両を使用している中、ニカラ/足立組は戦闘力の劣るR4車両で大いに健闘し、また新しい学びを得た一戦となった。

足立さやか
今回のラリーはハイスピードセクションとナローセクションが混在していたのでとてもノートが大事だと思い、レッキの段階から慎重にノートを作りました。それでもラリーでは読み遅れてしまう箇所が何か所かありましたが、そこはヤルコのドライビングと経験が私を助けてくれました。このラリーを通じてまた新しい発見があり、様々な工夫をお互いに話し合うことができて、回を重ねるごとに彼を理解できるようになりました。次戦は私たちにとって初めてのグラベルのラリーなので、事前にグラベルでのレッキトレーニング、ドライビングテストを行い、準備を入念にしたいと思います。

ヤルコ・ニカラ
今回はハイスピードからナローセクションに入る際などブレーキのタイミングが難しかったのですが、サヤカは自分に合わせてくれたし、どんどんフィンランドのリズムに慣れてきています。サヤカのリーディングなしにあれだけ速く攻めることはできませんでした。もちろんまだいくつかの改善ポイントはありますが、走行を重ねるごとにフィーリングが合ってきているのを感じます。

ヨウニ・アンプヤ(チーフインストラクター)
このラリーはとてもハイスピードでテクニカルなコース設定のため、ペースノートが勝敗を大きく左右します。まだ新しいコンビにとって、学ぶことの多い、良いラリーでした。このラリーをR4でR5の上位車と互角に戦えたことは素晴らしい成果であり、ハイスピードでのサヤカのペースノートのリーディングが正しく行えていたからとも言えます。細かいセクションでのリーディングのタイミングやロードセクションでの誘導など、改善すべきポイントはまだあります。これからもコ・ドライバーとしての経験を多く積み、スキルを磨いてほしいと考えています。

総合結果:(2位以降はトップとの差)
1 Teemu Asunmaa/Jonne Halttunen (Skoda Fabia R5) 52:03.9
2 Juha Salo/Jarno Ottman (Peugeot 208 T16 R5) +6.2秒
3 Jarkko Nikara/Sayaka Adachi (Subaru Impreza WRX) +14.9秒
4 Marko Manty/Joni Makela (Citroen DS3 R5) +33.0秒
5 Jesse Turunen/Kari Kallio (Hyundai i20 R5) +52.1秒

足立とニカラは、次回、5月19-20日に開催されるフィンランドラリー選手権第4戦、Riihimäki-ralliに参戦する。グラベルラリーであり、ふたりにとってまた新しい挑戦となる。

また、同プログラムの育成ドライバーとしてトレーニング中の勝田貴元と新井大輝は、3月17-19日、イタリアラリー選手権第1戦への参戦が予定されている。同プログラム初となるターマックラリーに、フォード・フィエスタR2で参戦する。今週末のふたりの活躍にも期待したい。

RALLY CARS
Red Bull TV