Mスポーツ「クビカが来ればエース待遇」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ「クビカが来ればエース待遇」

 

 シトロエン、ヒュンダイが相次いでドライバーズラインアップを発表、電撃移籍が続発している中、Mスポーツ・フォードのマルコム・ウィルソンは、参戦初年でWRC2タイトルを獲得したロバート・クビカを2014シーズンのエースとして迎えたいと考えているようだ。

 クビカ自身は、WRCにフル参戦する意向も公式には決断していないが、Mスポーツサイドでは、クビカが望めば最善の環境を整える用意もあるようだ。

 ウィルソンは、2013シーズンを通してクビカの才能を目の当たりし、チームのリーダーを任せるに足りると語っている。

「ラリーGBに向けてのロバートの挑む姿勢がすべてを物語っている」とウィルソン。「彼には情熱と闘志がある。他のドライバーにはなかなか見られないことだし、我がチームにふさわしい資質がすべて揃っている」

 シトロエンDS3 RRCで参戦したWRC2ではタイトルを獲得したクビカだが、ワークス仕様のDS3 WRCで参戦したGBでは、2度のリタイアを喫しており、トップレベルではクビカも苦戦することになるだろうとウィルソンは見ている。

「ロバートのことはよく分かっているし、相応のツールが与えられれば、もっとラリーで成長できるはずだ。うちのチームに来れば、いいナンバー1ドライバーになることは間違いない。経験が少ないと言う人もいるが、今年、ウチのヌービルは経験が少ない中でもドライバーズ選手権2位に入っている」



RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018