WRCメキシコ:3日目を終え、シトロエンのミークが総合首位をキープ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:3日目を終え、シトロエンのミークが総合首位をキープ

©CITROEN

WRC第3戦メキシコは土曜日の競技3日目を終え、シトロエンのクリス・ミークが前日からのリードを拡げて総合首位を守っている。総合2番手にはMスポーツのセバスチャン・オジエ、総合3番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービルという順位。トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラは総合6番手、ユホ・ハンニネンは7番手につけている。

M-SPORT

この日はSS9〜SS17の9SS。グラベルステージ3SSを2度走行したのち、ふたたび2台同時走行のスーパーSS、そしてレオンの市街地ステージという構成だ。競技2日目までを終えた段階で各車のタイム差が徐々に拡大してきており、また最終日のSS距離が50kmあまりであることを考えれば、この日が勝負どころと言えるだろう。

オープニングステージとなるSS9、ベストタイムを獲得したのはヒュンダイのダニ・ソルド。SS2番手にはオジエが入り、SS3番手につけたミークのタイムを0.9秒上まわり、ふたりの差は20秒ちょうどに縮まった。ふたりのバトルはSS10、SS11、SS12と続き、SS12を終えた段階で21.3秒と、互いに譲らず。

HYUNDAI

ターニングポイントとなったのは、38.31kmのSS13。SS10の再走ステージでベストタイムを獲ったミークに対し、オジエはフィニッシュ近くでまさかのスピン。10秒以上をロスしSSベストのミークから18.2秒遅れのSS4番手タイムとなった。これでふたりの差は一気に39.5秒にまで拡大した。

この日残された4SSはすべてショートステージ。一発逆転は望めないものの、オジエは残された4SSすべてでミークのタイムを上まわった。SS15/16のスーパーSSではミークがスローパンクチャーを喫したことも影響し、SS17を終えた段階で首位ミークと2番手オジエとの差は30.9秒となっている。総合3番手はヒュンダイのヌービルがキープ。総合4番手のタナクとは1分以上の差がついており、シーズン初の完走と表彰台を狙ってきっちりと走り切りたいところだ。トヨタのラトバラは総合6番手まで浮上、ハンニネンは総合7番手でこの日を終えたが、ふたりの差はわずかに0.3秒となっている。

TOYOTA

日曜日の競技4日目はSS18とSS19の2SS、54.9km。SS18は日本時間3月13日月曜日の1:43、パワーステージとなる最終SS19は3:18にスタートする。シトロエンのミークが逃げ切りシーズン初優勝を果たすのか、はたまた波乱が起きるのか。最終日の展開に注目したい。

WRCメキシコSS17終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1クリス・ミークシトロエンC3 WRC+2:47:33.3
2セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+30.9
3ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+1:10.5
4オット・タナクフォード・フィエスタWRC+2:12.6
5ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+3:25.5
6ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+4:32.6
7ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+4:32.9
8ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+5:16.1
9エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+8:41.9
10ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+9:26.4
Red Bull TV
Red Bull TV