パッドンとヌービル「今後もメキシコシティのSSは続けるべき」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

パッドンとヌービル「今後もメキシコシティのSSは続けるべき」

©HYUNDAI

WRCメキシコは、前日に行われたメキシコシティでのステージ後、ラリーカーを搬送するトレーラーが事故による渋滞に巻き込まれてサービスに到着できず、SS2とSS3がキャンセルされることになった。ラリー2日目、有利な後方スタートが決まっていたヒュンダイのヘイデン・パッドンとティエリー・ヌービルはステージキャンセルに落胆を隠さない。

「ステージがキャンセルされて、とてもがっかりだよ。僕らはいいスタート順で走れるはずだったから。とにかく午後のステージに集中する。昨日のメキシコシティのステージはとてもトリッキーだった。雨で路面が滑りやすいし、すごく道が狭いんだ。でも、こうやって首都でやるということが重要なのはわかってる。スポンサーにとってもいいし、これまでWRCを見たことのない人にも知ってもらえるいい機会だと思う」と、パッドンはメキシコシティでのステージ開催に関しては、良いアイディアだと認めた。
 

HYUNDAI

一方、ヌービルはメキシコシティ~レオンへの移動は今回のようなリスクを想定して、別のオプションも用意しておくべきだったと指摘する。

「新しいことを試す時はこんなリスクがあるものだけど、やっぱりSS2とSS3が走れなかったのは残念だ。まさかラリーカーの到着が遅れてしまうなんてね。移動に関しては、主催者が何かオプションを用意しておくべきだったとは思う」
 
それでも、メキシコの新しい取り組みは、今後も続けて行くべきだと考えている。

HYUNDAI

「メキシコシティのステージはとてもいいアイディアだった。メキシコ最大の都市のど真ん中であんな風にラリーカーが走ったのは、とても良かった。雰囲気も最高だったよ。ステージ自体もトリッキーで楽しかった。僕らにとっても400km近くを飛行機で往復するなんて、なかなかない機会だしね。他のイベントでも、もっとこういったスペシャルなことはやっていくべきだ。今回は残念な結果にもなったけど、来年はきっと解決してくれるはずだよ」

ラリプラ・メンバーズ2017
Red Bull TV