WRCメキシコ:初日を終えてトヨタのハンニネンがトップ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCメキシコ:初日を終えてトヨタのハンニネンがトップ

©TOYOTA

3月9日、今シーズンのグラベルラリー初戦となるWRC第3戦メキシコがスタートし、最初の2SSを終えてトヨタのユホ・ハンニネンがトップに立っている。2番手にMスポーツのオット・タナク、3番手にはシトロエンのクリス・ミークがつけた。

M-SPORT

この日行われたのは、ラリーの拠点となるレオンから約400km離れたメキシコの首都、メキシコシティの市街地スーパーSSを2回走行する2SS。メキシコシティの中心にあるソカロ広場と周辺道路を使った1.57kmのコースで、パイロンターンあり、シケインありジャンプありという市街地ならではの工夫がこらされたステージとなっている。リバースオーダーのため、トップグループがスタートしたのはすっかり日が暮れてから。ランプポッドの明かりが閃くステージは、スタート前に降った雨のおかげもあって幻想的な雰囲気に包まれた。

HYUNDAI

ハンニネンはSS1xと名づけられたオープニングステージでベストタイムを獲得、ミークとヒュンダイのヘイデン・パッドンが続き、SS4番手にはシュコダ・ファビアR5を駆るポンタス・ティデマンドがつける展開となった。ヒュンダイのティエリー・ヌービルはSS7番手、ラトバラはSS8番手。Mスポーツのセバスチャン・オジエはドーナツターンでのタイムロスが響き10番手タイムとなっている。トップのハンニネンからオジエまでの差は5.3秒。

CITROEN

続けて行われたSS1y、ここではオジエがSS1xでの自身のタイムを10秒以上縮めるベストタイム。タナクがSS2番手、ヌービルがSS3番手につけ、ハンニネンはオジエから1.3秒差のSS5番手となった。この結果、SS1xでマージンを築いたハンニネンが総合首位、1.6秒差でタナクとミークが並んでいる。トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラは総合8番手、ハンニネンに6.2秒差の位置から上位を狙う。

マシンとクルーはステージを終えた後、再びラリーの本拠地となるレオンに移動、10日からスタートする本格的なグラベルラリーに臨むこととなる。明日のオープニングステージはイベント最長の54.90km(SS2/4)。先頭走者で砂利かき役を担うラトバラにとっては、苦戦を強いられることが予想される。スタート時刻は日本時間11日2:28の予定。

WRCメキシコSS1y終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC3:37.2
2オット・タナクフォード・フィエスタWRC+1.6
3クリス・ミークシトロエンC3 WRC+1.6
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+2.6
5ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+3.2
6セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+4.0
7ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+6.0
8ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+6.2
9ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+6.7
10ロレンツォ・ベルテッリフォード・フィエスタWRC+10.3

Red Bull TV
RALLY CARS