WRCスウェーデン:勝田貴元が“コリンズ・クレスト”飛距離ランキング2位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:勝田貴元が“コリンズ・クレスト”飛距離ランキング2位

©Naoki Kobayashi

ラリースウェーデンの名物ジャンピングスポット“コリンズ・クレスト”で行われる飛距離コンテストで勝田貴元が42mを飛び、44mを飛んだマッズ・オストベルグに次ぐランキング2位タイとなった。

コリンズ・クレストは、その名のとおりコリン・マクレーが大ジャンプを見せたことから有名になったジャンピングスポット。マクレーがヘリコプター事故で亡くなった翌年の2008年からアワードが設定されている。時速140kmにもおよぶ速度で突入するジャンプは迫力満点だ。

コリンズ・クレストのあるバルガセンのステージは2017年はSS11/14として行われた。VIPラウンジやレストランなども設けられる一大観戦スポットであり、毎年1万人近い観衆が訪れる。

2017年のランキングは以下のとおり。

順位ドライバーマシン飛距離
1マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC44m
2勝田貴元フォード・フィエスタR542m
2=エイビン・ブリニルドセンフォード・フィエスタR542m
4オーレ・クリスチャン・ベイビーシュコダ・ファビアR538m
4=エミル・ベルクビストシトロエンDS3 WRC38m
4=ヘニング・ソルベルグシュコダ・ファビアR538m
7ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC37m
7=ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR537m
9セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC36m
9=ダニエル・ローフェルフォード・フィエスタR236m
9=ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペ36m

勝田の大ジャンプは、コリンズ・クレスト・アワードのトップ3を紹介する公式動画のなかでも紹介されている。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS