WRCスウェーデン:WRC2はティデマンドが悲願の母国優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:WRC2はティデマンドが悲願の母国優勝

©SKODA AUTO

2月9-12日の日程で開催されたWRC第2戦スウェーデンのWRC2部門は、シュコダ・モータースポーツのポンタス・ティデマンド(シュコダ・ファビアR5)が悲願の母国優勝を遂げた。

昨年のスウェーデンでは、僅差で部門優勝を逃していたティデマンド。今回は滑り出しこそ慎重だったものの、SS4で首位に立つと後続をぐんぐんと引き離し、土曜日を終えた段階で2位との差は1分以上に。最終日の3ステージは堅実にまとめ、トップフィニッシュを果たした。それでも、計17SSのうち10本でベストタイムをマーク。2位に入ったティーム・スニネン(フォード・フィエスタR5)に、最終的に51.8秒差をつけて優勝を果たした。

SKODA AUTO

日本で開催されたラリー北海道ではクールな顔立ちで注目を集めたティデマンドだが、この日はフィニッシュで満面の笑顔を見せた。
「素晴らしいよ。これまでのキャリアの中でもハイライトの一戦」とコメントするティデマンドは、現在26歳。
「母国での初めてのWRC2優勝は、夢が実現したようなもの。昨年は14.7秒差で優勝を逃しているだけに、今回はなおさらうれしい」

ティデマンドのWRC2優勝は2015年のスペイン、2016年のポルトガルに続いて3回目。
「今年の目標は、WRC2タイトルを獲ること。完璧な滑り出しになった」
この結果、WRC2選手権ランキングでも、開幕戦を制したアンドレアス・ミケルセンと同じ25ポイントを獲得して首位に並んだティデマンド。来月のラリーメキシコにも参戦を予定している。

WRCスウェーデン WRC2部門 リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR52:45:14.7
2テーム・スニネンフォード・フィエスタR5+51.8
3オーレ・クリスチャン・ベイビーシュコダ・ファビアR5+1:07.4
4エリック・カミリフォード・フィエスタR5+3:12.4
5ガス・グリーンスミスフォード・フィエスタR5+5:10.8
6エミル・ベルクビストシトロエンDS3 R5+6:05.8
7新井大輝フォード・フィエスタR5+6:49.9
8エイビン・ブリニルドセンフォード・フィエスタR5+13:04.7
9勝田貴元フォード・フィエスタR5+13:27.4
10アレクセイ・ルキヤナクフォード・フィエスタR5+42:27.5
ラリプラ・メンバーズ2017
RALLY CARS vol.15