【トヨタWRC速報】ラトバラが総合優勝「アメージング もうこの気持ちを表す言葉がない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【トヨタWRC速報】ラトバラが総合優勝「アメージング もうこの気持ちを表す言葉がない」

©MICHELIN

WRC第2戦ラリースウェーデンは2月12日、最終日に設定された3SS(58.81km)の競技が行われ、この日を3.8秒差の首位からスタートしたトヨタのヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)がそのリードを29.2秒に拡大し、総合優勝を果たした。

オープニングのSS16は21.90km。ラトバラは2位のオット・タナク(フォード・フィエスタWRC)に7.1秒差のベストタイムをたたき出し、リードを10.9秒に拡大する。続く21.19kmのSS17でもラトバラは2番手タイムのタナクを9.1秒ちぎるスーパーベストタイムで、その差を20.0秒とした。

迎えた最終SS18はトルスビーで行われる16.42kmのパワーステージ。大勢の観衆が見守るなか、ラトバラはここでもベストタイムを奪取。今シーズン18年ぶりにWRC復帰したトヨタに、復帰2戦目にして早くも総合優勝の栄誉をもたらした。

MICHELIN

ヤリ‐マティ・ラトバラ 最終SSフィニッシュ後のコメント
「アメージング。新しいチーム、新しいマシンでの2回目のラリーで、もう優勝したんだ。とにかく、もうこの気持ちを表す言葉がないよ。本当に、感無量だ。これまでのパワーステージで、今日、ベストの走りをヤリスで決めた」

「今は、もっと勝ちに行く、と言葉にすることができる。選手権も面白くなってきた。次はメキシコだから、必死でハードワークを始めなくてはならないと思うが、選手権争いを続けていく」

WRCスウェーデン リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC2:36:03.6
2オット・タナクフォード・フィエスタWRC+29.2
3セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+59.5
4ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+2:11.5
5クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+2:51.2
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+5:26.6
7ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+5:31.2
8ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+7:14.7
9ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+9:11.1
10テーム・スニネンフォード・フィエスタR5+10:02.9
Red Bull TV
RALLY PLUS