WRCスウェーデン:デイ3を終えトヨタのラトバラが総合首位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:デイ3を終えトヨタのラトバラが総合首位

©TOYOTA

WRC第2戦スウェーデンは、競技3日目のSS15までを終えてトヨタのヤリ‐マティ・ラトバラが総合首位に立っている。僅差の2番手にMスポーツのオット・タナク、3番手に同じくMスポーツのセバスチャン・オジエが続く展開となった。首位を走行していたヒュンダイのティエリー・ヌービルは、最終SSでストップ。前戦に続き首位走行中にリタイアという憂き目に遭った。

M-SPORT

この日はSS9〜SS15の7SS。前日同様3カ所の林道ステージを2度ずつ走行し、カールスタッドのスーパーSSでフィニッシュとなる。SS距離は125.38km。注目はタナク、シトロエンのクリス・ミーク、オジエの接近した3番手争いだ。スタート順はこの日からリバースオーダーとなるため、王者オジエの反撃も期待されたが、出だしから速さを発揮したのは、チームメイトのタナクだった。タナクは午前中の3SSすべてでベストタイムをたたき出し、21.6秒あったラトバラとの差をSS11終了時点で9.2秒にまで縮めることに成功した。オジエは序盤でミークをあっさりとかわすが、タナクとの差は14.2秒差に拡大している。

M-SPORT

午前中のSS11までを終えた段階で、首位はヌービル、32.8秒差の総合2番手にラトバラ、42秒差でタナク、56.2秒差でオジエというオーダーとなっている。ラトバラとタナクの差は9.2秒、タナクとオジエの差は14.2秒と、ラリーの焦点は2番手争いへとシフトしていった。

安全上の理由で午後のSS12がキャンセルとなり、舞台はSS13へ。ここではラトバラがこのイベント3度目のSSベストタイムを刻んでみせるがタナクも1.1秒差のSS2番手タイムで背後につける。続くSS14はSS11の再走ステージ。名物のジャンピングスポット、コリンズ・クレストのあるバルガセンだ。ここではヌービルがベストタイム。ラトバラはコースアウトしていた前走者のミークをかわす際のスローダウンとタイヤ磨耗によるタイムロスも重なってSS5番手フィニッシュとなった。一方のタナクはSS3番手タイム。これでラトバラの総合タイム差は4.3秒となり、予断を許さない状況となってきた。

HYUNDAI

そしてラリーはこの日の最終ステージとなる、カールスタッドのスーパーSSヘ。SS1と同じ2台同時スタートのスーパーSSは1.9kmと短く、順位の変動はほぼないものと思われたが、ここで首位のヌービルがコンクリートブロックにマシンをヒット。ステアリングを破損して走行不能となり、ラリー続行を諦めるという波乱の展開に。この結果、首位はラトバラ、3.8秒差の総合2番手にタナク、16.6秒差の総合3番手にオジエというオーダーとなった。総合4番手はヒュンダイのダニ・ソルドだが、ラトバラとの差は1分39秒5と大きく広がっており、表彰台争いはこの3人に絞られたと言っていい。

CITROEN

ラリー最終日に残されたステージは3SS。SS総距離はわずか58.81kmだ。復帰2戦目にしてトヨタの総合優勝という可能性も見えてきた。緊張感の高いバトルはどのような決着を迎えるのか、注目して見守りたい。オープニングのSS16は、日本時間2月12日の15:55スタート予定。

WRCスウェーデンSS15終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC2:04:59.3
2オット・タナクフォード・フィエスタWRC+3.8
3セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+16.6
4ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+1:39.5
5クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+2:04.5
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+3:44.7
7ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+5:00.2
8ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+5:37.0
9ポンタス・ティデマンドシュコダ・ファビアR5+6:36.7
10テーム・スニネンフォード・フィエスタR5+7:52.9


ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS