WRCスウェーデン:デイ2を終えてヒュンダイのヌービルが首位。ラトバラは2番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:デイ2を終えてヒュンダイのヌービルが首位。ラトバラは2番手

©HYUNDAI

WRC第2戦スウェーデンは競技2日目、SS8までを終えてヒュンダイのティエリー・ヌービルがラリーをリード。2番手にはトヨタのヤリ‐マティ・ラトバラ、3番手にシトロエンのクリス・ミークがつけている。

TOYOTA

この日行われたのはSS2〜SS8の計7SS。3カ所の林道ステージを2度ずつ走行し、トルスビーでのSS8でフィニッシュとなる。SS総距離145.65kmと、いよいよ本格的なステージの幕開けに注目が集まった。

オープニングステージとなるSS2でベストタイムを獲得したのはヌービル。シトロエンのミーク、Mスポーツのオット・タナクに続くSS4番手には、前日のスーパーSSで一番時計を刻んだラトバラがつけた。ヌービルは続くSS3でもベストタイムをマークしたが、ラトバラが0.6秒の僅差でセカンドベストを出し、総合タイムでも2番手に浮上した。ラトバラはSS4で今大会2度目のベストタイム。しかもSS2番手のヌービルに8.5秒という差を築き、SS1でのベストタイムが偶然でないことを示してみせた。午前中のSS4までを終えて、総合首位はラトバラ、2番手にヌービル、3番手にミーク、4番手にMスポーツのセバスチャン・オジエというオーダーとなった。ラトバラから5番手のタナクまでは20秒差となっている。

M-SPORT

午後のステージに入ると、サービスでマシンのセットアップを変更したヌービルがさらなる快走を披露し、SS5、SS6、SS7と怒濤の3連続ベストタイム。SS8は2番手タイムでまとめ、最終的に総合2番手のラトバラに対し28.1秒までリードを拡大することに成功した。追いかけたいラトバラは総合2番手の座こそキープしたものの、思うようにタイムが伸びず、じわじわと差を広げられてしまうこととなった。

CITROEN

総合3番手には、SS8でベストタイムを刻んだタナク。ヌービルからは49.1秒とやや差が開きはじめた。総合4番手はミーク、総合5番手には、先頭走者ゆえ路面状況に悩まされタイムの伸びないオジエがつけている。タナクとミークの差は2.1秒、ミークとオジエの差は3.9秒と接近しており、3番手争いはさらに熱を帯びそうだ。

2月11日の競技3日目はSS9〜SS15の7SS、SS距離は125.38km。ラリー最終日に残されたステージはわずか3SSとなるため、明日が勝敗を分けるひとつの山場となるはずだ。特にラリー最長となる31.60kmのKnon(SS9/12)はタイム差を拡大する、あるいはひっくり返すチャンスとなる。SS9スタートは日本時間2月11日の16:08スタート予定。

WRCスウェーデンSS8終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC1:16:24.7
2ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+28.1
3オット・タナクフォード・フィエスタWRC+49.7
4クリス・ミークシトロエンC3 WRC+51.8
5セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+55.7
6ヘイデン・パッドンヒュンダイi20クーペWRC+1:17.8
7ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+1:40.3
8クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+1:54.3
9エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+3:01.5
10ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+3:23.6
RALLY CARS
RALLY PLUS