モンテカルロ優勝のオジエ「スウェーデンは激戦になる」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

モンテカルロ優勝のオジエ「スウェーデンは激戦になる」

©M-SPORT/@World

新規定WRカーの初戦となった2017年WRC開幕戦で、移籍したばかりのセバスチャン・オジエがチームにとって2012年以来の勝利を挙げたMスポーツ。今週開幕するWRCスウェーデンでも、この流れを維持していくことを目指す。

コンディションが不安定な難関モンテカルロでベストタイムを7本マークするなど、高いポテンシャルを発揮したフォード・フィエスタWRC。スウェーデン向けには2回に分けて計5日間のスノーテストを行い、マシンへのさらなる改善とセットアップに勤しんだ。

北欧勢が圧倒的な強さを誇るスウェーデン。これまでに北欧外出身者でこのイベントを制したドライバーは、セバスチャン・ローブとオジエ、2人しかいない。オジエは2013年に初めてスウェーデンでの勝利をマーク。ここ2年は連勝を果たしている。
「モンテカルロでは、夢のようなシーズンスタートを決めることができたが、油断はできない。まだ取り組むことは山ほどあるし、スウェーデンは全く独特のイベントだ」とオジエはいつものように慎重な姿勢を見せる。

「スウェーデンはとても楽しいイベントだし、雪や氷を信じられない速さで走っていく。今年は特に、新しいマシンになり、速度域はさらに上がるだろう。これは、ミスが許されないということも意味する。数秒差のバトルになることも珍しくないので、1秒たりとも無駄にはできない」

「もし、ここでもポディウムに上がることができれば素晴らしいし、今季前半の期待も高まる。まだライバルたちの本当のポテンシャルも、ハッキリとは見ることが出来てはいないので、スウェーデンではエキサイティングな激戦になるのではと思っている」

モンテカルロでは、中盤からオジエに続く2位につけていながら、またしても日曜日にトラブルに見舞われ3位フィニッシュに留まったチームメイトのオット・タナク。スウェーデンでのベストリザルトは、2015年にマークした総合4位だ。
「スウェーデンではシーズンの中でもお気に入りのイベントだし、高速ステージはアドレナリンが沸き立つ。今季は今までよりもパワフルなマシンなので、どこか特別になりそうだ」とコメント。

「ステージでリズムをつかむためには、落ち着いて集中しなくてはならない。よく凍ったコンディションになってくれたら、上位争いをしたい。最も重要なのは、序盤からいいフィーリングをつかみ、クリーンな走りをすること。マシンに乗り込むのが待ち切れないし、いいリザルトを出せるポテンシャルがあると思っている」

ラリプラ・メンバーズ2017
RALLY PLUS