大倉聡、CVTヴィッツでJN3に参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

大倉聡、CVTヴィッツでJN3に参戦

©RALLY PLUS

2017年の全日本ラリー選手権にTOYOTA GAZOO Racingは、スポーツ制御されたCVTのヴィッツを投入。ドライバーは大倉聡、コ・ドライバーは豊田耕司のふたりと、昨シーズン同様の体制。また、こちらも昨シーズンと同様にトヨタ社員が、エンジニアおよびメカニックとして車両製作から競技参戦まで一貫して参画する。

「凄腕養成部とTOYOTA GAZOO Racingから全日本ラリー選手権のJN3クラスに参戦します。マシンは1.5リッターのTGR CVT Vitzです。昨年、勝田貴元選手が新城ラリーで使ったマシンと、CVTのシステム自体は同じですが、完全な新車です」と、大倉。

当初、開幕戦「Rally of Tsumagoi」からの出場を予定していたが、TGR CVT Vitzの登場は第2戦「ツール・ド・九州2017 in 唐津」からとなった。2016年はJN5でクラス2位、今シーズンはJN3クラスでタイトルを狙う。

「JN3はディフェンディングチャンピオンも手強いですし、速いドライバーもたくさんいます。粒ぞろいのクラスですし、かなり大変なシーズンになりそうです。マシンは制作中で、これからテストも予定されています。開幕戦でどれくらい勝負ができるか分かりませんが、チャンスがあればプッシュしていきたいです」

全日本参戦3年目となる凄腕メカニックへの信頼も厚い。

「チームは2シーズンをしっかり戦って、かなり成長しています。今シーズンはチームメンバーの一部が変わりますが、心配はしていないですし、信頼しきっています」

ラリプラ・メンバーズ2017
Red Bull TV