「トヨタWRC復帰記念」特別刊行、モンテカルロ速報号は本日発売! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

「トヨタWRC復帰記念」特別刊行、モンテカルロ速報号は本日発売!

 

【ヨンカイのねごと】

皆様こんばんはヨンカイでございます。

すでにお手にとっていただいた方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、本日はRALLY PLUS 2017年ラリーモンテカルロ速報号の発売日(しかも980円!)です!

コチラのページなどでもご案内しておりますが、約3分の2が速報という、かなり密度の濃いものとなっております。

ただでさえ移動が多くて取材しづらいうえに、やること満載のラリーモンテカルロで多くのページを速報に費やすため、編集部でも万全の体制を敷いて臨んだわけですが、まあやはり色々なことは起きるもので……(苦笑)。ヒラ編集長の原稿が遅れたこと以外の顛末については割愛いたしますが、ともあれ無事にこうして皆様のお手元に届けることができ、一同ほっと胸をなで下ろしておるわけでございます。

印象深かったのは、優勝したセバスチャン・オジエ、2位のヤリ‐マティ・ラトバラ、そしてWRC2の勝者アンドレアス・ミケルセンと、上位がいずれも元フォルクスワーゲンのドライバーであったということです。フォルクスワーゲンの強さはマシンの速さだけではなくドライバーの強さでもあったということが証明されたのではないでしょうか。

それになんといっても、トヨタワークス復活ですね。しかも2位。今後に向けても非常に大きな結果だったと思います。もちろん上位が次々に脱落するというラリーの流れもあるとはいえ、“その場に生き残っている”ことの大切さをあらためて感じたラリーモンテカルロでありました。ちなみに今回の本ではヤリスWRCのあんなトコやこんなトコも見せちゃってますので、ぜひぜひお手にとってご覧下さいませ。

さてここからWRCは厳寒スノーの第2戦スウェーデン、高地グラベルの第3戦メキシコ、そして山岳ターマックの第4戦ツール・ド・コルスと、ひと癖もふた癖もあるイベントが続いていきます。路面コンディションのまったく読めないモンテカルロと違い、多少安定した路面で各車・各ドライバーの実力が見えてくる頃合いです。そのあたりは3月発売予定のラリープラスvol.13でバッチリお届けしますのでよろしくお願いいたします!


RALLY PLUS 2017年ラリーモンテカルロ速報号のお求めは、お近くの書店または三栄書房オフィシャルウェブサイト、インターネット通販などでどうぞ。

ラリプラ・ショップで購入

三栄書房ウェブサイトで購入 Amazonで購入 おトクな電子書籍版も 全ページプレビューはこちら



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS