【速報】WRCモンテカルロ:4年連続でオジエがモンテカルロ制覇。トヨタのラトバラは2位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【速報】WRCモンテカルロ:4年連続でオジエがモンテカルロ制覇。トヨタのラトバラは2位

©M-SPORT

2017年WRC開幕戦のラリーモンテカルロはすべてのSSを終了し、Mスポーツのセバスチャン・オジエが4年連続の総合優勝を獲得した。2位は復帰初戦となるトヨタ・ヤリスWRCのヤリ‐マティ・ラトバラ。3位にはMスポーツのオット・タナクが入っている。

TOYOTA

最終日は拠点をモナコへと移し、ふたつのステージを2度走行する4SSが行われる。21日(土)の最終サービスを終えてモナコへと移動する途中、シトロエンC3 WRCのクリス・ミークが一般車との接触に見舞われるというハプニングがあった。クルーにケガはないものの、C3 WRCは右リヤにダメージを負いリタイアに。

M-SPORT

この日のオープニングステージとなるSS14で、ベストタイムを獲得したのはヒュンダイのソルド。前を行くクレイグ・ブリーン(総合4番手/シトロエンDS3 WRC)との差を11.2秒とし、プレッシャーをかける。タイム差の開いている上位陣に大きな動きはなし。SS2番手タイムはラトバラ、3番手のオジエはすでにクルージングモードでリスクを避けた走りに徹する。しかし、総合2番手を走行するオット・タナクのエンジンにはこの時異変が起きていた。SSトップのソルドから遅れること12.8秒のSS12番手。タナクはSS15へと向かう途中のロードセクションでマシンを止め、修復を試みることとなった。

HYUNDAI

作業の甲斐あってタナクのエンジンは息を吹き返したが、続くSS15のスタートタイムにはとても間に合わない。1分遅着するごとに10秒のペナルティが加算されていくなか、タナクは5分遅れでSS15をスタート。しかしエンジンは完調ではなく、SSベストのステファン・ルフェーブル(シトロエンC3 WRC)から1分28秒2遅れの18番手タイムとなった。この結果、タナクは総合タイム差でラトバラに逆転を許し、ラトバラから34.8秒差の3番手にドロップすることとなった。一方、このSSで2番手タイムを出したソルドは総合4番手に浮上している。続くSS16は観客が増えすぎたため、安全上の理由でキャンセルとなり、残すは最終パワーステージのみとなった。

CITROEN

そして迎えた最終SSは、SS15の再走ステージ。モンテカルロのアイコンといえるチュリニ峠を使うSSは、山頂付近で雪の降りしきる難しいコンディションとなっていた。刻一刻と変化する路面を相手に各車慎重な走りで駆け抜けていく。上位陣は脱落することなくすべてのマシンがSSを走り切り、この結果Mスポーツのオジエがモンテカルロ総合優勝を獲得することとなった。

オジエにとっては4年連続5度目のラリーモンテカルロ制覇(うち1回は2009年のIRCでのもの)となり、自身の通算勝利数を39とした。また、Mスポーツにとっては2012年ポルトガルでのマッズ・オストベルグ以来の勝利。総合2位はトヨタのラトバラ、総合3位はエンジン不調を乗り越えたタナクが入った。以下ヒュンダイのソルド、シトロエンのクレイグ・ブリーン、Mスポーツのエルフィン・エバンスというトップ6となっている。

パワーステージを制したのはヒュンダイのティエリー・ヌービル。今シーズンからパワーステージは上位フィニッシュ5台までポイントが加算されるため、5ポイントを獲得することに成功した。トヨタのユホ・ハンニネンもSS3番手タイムで3ポイントを加算している。

次戦は2月9日〜11日にかけて開催される第2戦スウェーデン。

WRCモンテカルロ暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC4:00:03.6
2ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+2:15.0
3オット・タナクフォード・フィエスタWRC+2:57.8
4ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+3:35.8
5クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+3:47.8
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+6:45.0
7アンドレアス・ミケルセンシュコダ・ファビアR5+9:32.7
8ヤン・コペッキーシュコダ・ファビアR5+12:58.1
9ステファン・ルフェーブルシトロエンC3 WRC+14:43.8
10ブライアン・ブフィエフォード・フィエスタR5+16:09.4


Red Bull TV
RALLY PLUS