WRCモンテカルロ:ヒュンダイのヌービルが初日首位、トヨタはハンニネンが3番手に – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:ヒュンダイのヌービルが初日首位、トヨタはハンニネンが3番手に

©HYUNDAI

2017年WRC開幕戦のラリーモンテカルロは19日、モナコのカジノ前広場で開幕を迎えた。この日はSS1と2のナイトステージふたつをこなし、競技車両はギャップへと戻るルート設定となっている。

M-SPORT

競技車両は華やかにライトアップされたスタートランプを次々にスタート、21.25kmのSS1へと向かっていった。20時14分、SS1がスタート。先頭走者はフォード・フィエスタWRCを駆るセバスチャン・オジエだ。続いてヒュンダイi20クーペWRCのティエリー・ヌービル、ヒュンダイのヘイデン・パッドンがスタートを切る。

TOYOTA

オジエとヌービルは0.7秒差でヌービルに軍配。ところが、3番手走者のパッドンはステージ終盤、左コーナーで大きくはらみ土手にヒットし横転。コースを塞ぐ格好で横倒しとなり、トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラを含む後続車はスローダウンを余儀なくされ、ステージがキャンセルとなる波乱のスタートとなった。さらにこのアクシデントに巻き込まれた観客が意識不明となり、SS2からオフィシャルが救助に向かったためSS2のスタートが遅れる事態となった。

CITROEN

約20分の遅れで行われたSS2(25.49km)は上位陣に大きなクラッシュなどはなく、各車順調に走行。ここでもオジエを7.8秒上まわる好タイムをたたき出したヌービルがベストタイム、総合首位でラリー初日をまとめた。

注目のトヨタ勢はユホ・ハンニネンがSS3番手タイムをたたき出し、総合3番手に。総合2番手はオジエ、総合4番手はシトロエンC3 WRCのクリス・ミーク、総合5番手はMスポーツのフィエスタWRCを駆るオット・タナク、総合6番手にDMACKタイヤのエルフィン・エバンスがつけている。総合7番手には今回シトロエンDS3 WRCでの出場となったクレイグ・ブリーン、総合8番手にはヒュンダイのダニ・ソルド、総合9番手にラトバラという順位となっている。10番手はシュコダ・ファビアR5のアンドレアス・ミケルセン。

ラリー2日目はSS3〜SS8の6ステージ。アルプスを舞台として熾烈な戦いが繰り広げられる。SS3は10:11(日本時間20日18:11)スタート予定。

WRCモンテカルロSS2終了後暫定リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC15:01.1
2セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC+7.8
3ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+15.0
4クリス・ミークシトロエンC3 WRC+15.8
5オット・タナクフォード・フィエスタWRC+19.4
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+21.0
7クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+25.4
8ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+26.6
9ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+28.4
10アンドレアス・ミケルセンシュコダ・ファビアR5+58.4


ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS