【プジョー 3008DKR情報】プジョー、1-2-3フィニッシュを達成 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【プジョー 3008DKR情報】プジョー、1-2-3フィニッシュを達成

©PEUGEOT

3台のプジョー 3008DKRは、パラグアイ、ボリビア、アルゼンチンをめぐるダカールラリー2017年大会で1-2-3フィニッシュという快挙を達成した。プジョーにとっては、6度目の総合優勝となる。

PEUGEOT

約9000kmにおよぶ今年のイベントを制したことで、プジョーはその強さをあらためて示した。このイベントの歴史の中で最も成功を収めたクルーであるステファン・ペテランセル/ジャン‐ポール・コトレはフランス国旗を高々と掲げ、今年のチャレンジングなルートをプジョー 3008DKRで走破したことを誇らしげに示した。2017年大会は接戦となった上に波乱も続出し、首位が何度も入れ替わったうえ、スタートからフィニッシュまで上位争いは緊張感の高い争いが続いた。

ペテランセルは今回の勝利で自身の記録をさらに更新し、ダカールラリーでの通算勝利数を13に伸ばした(2輪で6勝、4輪で7勝)。完璧に近い走りを見せたペテランセルとコトレ。このコンビでの勝利は7度目だ。さらにコトレにとっては、コ・ドライバーの勝利数でも記録を更新した。

PEUGEOT

セバスチャン・ローブとダニエル・エレナは、わずか2度目のダカールラリー参戦ながら、見事な成長を遂げた。総合首位として走行しただけでなく、見事なナビゲーションスキルで巧みなペース配分を見せた。しかし、デイ4にエンジントラブルで26分をロスしたことで初勝利のチャンスを逃し、最終的な結果をつかむことの難しさを痛感させた。ふたりは挑戦2年目で総合2位に食い込み、ベストタイムでは最多の5回を獲得している。

3位のシリル・デプレとデイビッド・キャステラは、2輪時代にそれぞれ優勝を5回、3回獲得しているが、今回4輪で初めてダカールラリーのポディウムに上がった。4輪部門で初めてのステージ勝利も獲得し、デイ4を終了した時点では暫定首位にも立つなど活躍。今後のさらなる飛躍を期待させた。

ダカールラリー総走行距離:8823km(12レグ)
10ステージの走行距離:4093km
ステージ勝利:実施された10ステージ中、プジョー 3008DKRが9回。
トップスピード;時速203km(ステージ2)
最高気温:45°C(レグ2)

2017年ダカールラリー総合順位
1 S.ペテランセル/J-P.コトレ(プジョー 3008DKR) 28:49:30
2 S.ローブ/D.エレナ(プジョー 3008DKR) +5:13
3 C.デプレ/D.キャステラ(プジョー 3008DKR) +33:28
4 N.ロマ/A.ハロ(トヨタ・ハイラックス) +1:16:43
5 G.ドゥビリエ/D.フォン・チチェウィッツ(トヨタ・ハイラックス) +1:49:48
6 O.テラノバ/A.シュルツ(MINIジョン・クーパー・ワークス・ラリー) +1:52:31

コメント
ブルーノ・ファミン
「プジョー 3008DKRがダカール初参戦で優勝を飾ったことだけでなく、3台がポディウムに上がったことは大変な成果であり、プジョーと、プジョー・スポールのスタッフは誰もが誇りに思っていいと思う。メカニックからクルーまでチームのひとりひとりがいい働きをした。ドライバーとコ・ドライバーは、ためらうことなく互いを助け合い、その素晴らしさは昨年を上まわっている。車両に関していえば、最もステップアップを果たしたのが、信頼性だ。唯一のわずかなマイナートラブルがローブとエレナの優勝のチャンスを奪った。私にとってはチームオーダーを発令する考えは、あり得なかった。その結果、誰もが最後までバトルの強烈さを楽しむことができたと思う」

ステファン・ペテランセル(#300 プジョー 3008DKR)
総合:1位
「プジョーにとって最高の勝利だ。ファミンがチームオーダーを出さなかったことも、うれしく思う。フィニッシュまで、どこまでも公平な戦いだった。チームメイトの強豪3人だけでなく、他のチームのドライバーとも、厳しい戦いになった。特にセバスチャンとの戦いは緊張感に満ちていたし、同時に、どこまでも楽しいドライビングができた。セバスチャンはWRCチャンピオンらしく非常に速い走りを見せていたし、上位争いを戦う経験が豊富だから、ひと筋縄ではいかなかった。それはフィニッシュした時点でのふたりの差が非常に小さいことでも分かる」

セバスチャン・ローブ(#309 プジョー 3008DKR)
総合:2位
「自分たちにとっていいイベントだったし、2位に終わったものの、スタートからフィニッシュまでしっかり首位争いに加わり、とてもエキサイティングだった。常に全開走行だったし、とても厳しいラリーだった。僕らの戦いが、昨日のパンクで終わりを迎えてしまったことが残念だ。全体として、とても満喫できたし、波乱の展開となったイベントを2位で終わることができた一方で、プジョーは1-2-3フィニッシュを果たした。チームにとって、これ以上ないほどのリザルトだよ」

シリル・デプレ(#307 プジョー 3008DKR)
総合:3位
「4輪部門でのダカール参戦わずか3度目でポディウムに上がることができた。素晴らしいマシンのおかげだ。自分より上位でフィニッシュしたドライバーが、ステファン・ペテランセルとセバスチャン・ローブなのだから、なにひとつ恥じるところはないよ! ポディウムのもっと上にいくためには、どんなタイプの道でもより速くなれるように努力を続けていかなくてはならない。デイビッドと僕は、そのためにどんな作業にも取り組むつもりだよ!」

Red Bull TV
Red Bull TV