【プジョー 3008DKR情報】ダカール前半戦を終えて1-2-3体制で休息日を迎える – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【プジョー 3008DKR情報】ダカール前半戦を終えて1-2-3体制で休息日を迎える

©PEUGEOT

ダカールラリーの2017年大会は、ステージ6がキャンセルになったことを受け、コンペティターたちはリエゾン走行を経て、土曜日のオーバーナイトパルクフェルメが置かれるボリビアのラ・パスに向かった。3660mと世界で最も標高の高い首都、ラ・パスでは、一行は土曜日の休息日を前に熱烈な歓迎を受けた。競技前半戦を終えた時点で、チーム・プジョー・トタルは暫定順位で首位、2番手、3番手につけている。

PEUGEOT

2017年のダカールラリーは、近年では最も激しい接戦となっており、主催者陣営の期待も高まっている。このイベント伝統の難関に加えて、新しいタイプのパッセージコントロールが設定されたことで、コ・ドライバーの試練も高まっている。デイ3のロードセクションでは標高4960mの高地まで上ると、雨に加え小雪にさえ見舞われるなど、コンディションの面でもさらに状況を厳しくさせた。

チーム・プジョー・トタルはこの難関に立ち向かいながら、5ステージ中、最も短いステージを除く4ステージでベストタイムをマークした。チームの3クルーは総合首位争いを展開しており、3人全員が少なくとも1回はステージウィンを獲得。この日の段階で、3台のプジョー 3008DKRがトップ3を独占している。ステージウィンを2回獲得しているのはセバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ組だけだが、昨年覇者のステファン・ペテランセル/ジャン‐ポール・コトレ組は、ローブ/エレナ組に1分9秒の差をつけての首位に立っている。カルロス・サインツ/ルーカス・クルス組は、序盤貫録の速さを見せつけたが、レグ4で転倒を喫し、マシンが修復不可能となったことから戦線を離脱した。

2016年大会を制したプジョー 2008DKRの後継車として初めてのダカールに臨んでいるプジョー 3008DKRは、ここまでほぼ完璧な走りを見せている。クルー陣は、プジョー 3008のベースであるSUVのもつ優れたエアロダイナミクスの恩恵を受け、特にステージ2では圧倒的なトップスピードを披露した。一方、サスペンションとエンジンの改良も成果が現れており、ここまでのトラブルはステージ4でローブ/エレナ組が見舞われたエンジンのマイナートラブルのみに留まっている。

3クルーは、日曜日にラ・パスでの休息日を迎えており、チームスタッフはラリー後半に向けてマシンの整備にあたっている。2週目の競技には、夜間のサービスが認められない長距離のマラソンステージも含まれているため、休息日のメンテナンスは特に重要な意味を持っている。

ここまでの走行距離:4036km うち5ステージの走行距離は1386km(ステージ6はキャンセル)
残りの走行距離:4787km うち6ステージの走行距離は2025km
ステージウィン:5ステージ中4ステージ ローブ/エレナ組(SS2とSS5)、ペテランセル/コトレ組(SS3)、シリル・デプレ/デイビッド・キャステラ(SS4)
ラリーリーダー:ローブ/エレナ組(レグ2&レグ3終了時点)、デプレ/キャステラ(レグ4終了時点)ペテランセル/コトレ組(SS3終了時点)、
トップスピード:時速203km(レグ2)
最高気温:45°C (レグ2)

暫定リザルト(レグ6終了時点)
1 S.ペテランセル/J-P.コトレ(プジョー 3008DKR) 14:02:58
2 S.ローブ/D.エレナ(プジョー 3008DKR) +1:09
3 C.デプレ/D.キャステラ(プジョー 3008DKR) +4:54
4 N.ロマ/A.ハロ(トヨタ・ハイラックス) +5:35
5 M.ヒルボネン/M.ペリン(MINIジョン・クーパー・ワークス・ラリー) +42:21

コメント
ブルーノ・ファミン
「今年のダカールラリーは、すでにいくつものドラマが続出している。毎日のようにアクシデントが発生し、そのなかにはナッサー・アル‐アティヤとカルロス・サインツのアクシデントも含まれている。さらにメカニカルトラブル、複雑なナビゲーション、ステージキャンセルなどなど。首位争いは最初の週の間にも大きく入れ替わっているが、今の段階でトップ4は6分以内にひしめきあっている。これは事実上、差がないのも同然だ。大きなアドバンテージを得ている者は誰ひとりいないが、ナビゲーショントラブルで45分をロスしているクルーも出ているので、同じようなトラブルに遭わないという保証はまったくない。チームの3台がトップにつけているのはうれしいが、カルロスのリタイアはもちろん残念だ。ナニ・ロマがすぐ後ろにつけているし、今年のようなイベントでは、前半でロスしたクルーにも上位に復帰できるチャンスが残されている。ここからのルートには800kmのマラソンステージも控えているし、その後にはスーパー・バレンのステージも続く。2017年のダカールラリーの勝者を予想するのは、まだ時期尚早だ」

ステファン・ペテランセル(#300 プジョー 3008DKR)
総合首位

PEUGEOT

「差は大きくはないが、首位にいるのはうれしい。勢いに乗るまでに少し時間がかかり過ぎたのが悔やまれる。ナビゲーションのエラーがあった。幸い、大きなタイムロスにはつながらず、前半は今ひとつの内容だったにもかかわらず、今の段階で総合首位につけている。今年のステージは、昨年よりもクロスカントリーラリーの精神を大切にしている。いい感じで、ステージが多彩だ。来週は砂漠がもっと出てくるのでワクワクしているし、ナビゲーションの難しいところもまた出てくるが、僕らには向いている。マシンもここまでひとつもトラブルが出ていないので、この信頼性を維持していてもらいたい」

セバスチャン・ローブ(#309 プジョー 3008DKR)
総合2番手

PEUGEOT

「ラリーの前半戦を終えて、ここまでの内容には満足している。3台のプジョーが上位につけているのは、本当にうれしい。ダニエル(エレナ)と僕は、ステファンともそれほど離れていないので、まだチャンスはある。エンジントラブルで25分、さらにパンクもあったので、ギャップが1分だけに抑えられているのは、後押しになる。特に意識したわけではなかったのに、他を圧倒したタイムも出せている。ステージは、まさにクロスカントリーラリーのスタイルで、オフロードの走行や難しいナビゲーションも出てくる。自分たちよりも経験の豊富なクルーでもトラブルに遭っているので、まだ戦いに残っていられる点はよかった」

シリル・デプレ(#307 プジョー 3008DKR)
総合3番手

PEUGEOT

「デイビッド(キャステラ)と僕にとって、素晴らしい前半になった。1本でもステージウィンを獲りたいと思っていたが、非常に複雑なラリーでどんな展開になるのか予想がつかなかったからひと筋縄ではいかないと思ったし、ステージを勝つのは簡単ではないと思っていた。自分たちの速さを見せることができたので、自分たちにも大きな後押しになった。4輪に転向して以来、必死で取り組んできた努力が報われた。そして、どんなタイプの路面でも速いという素晴らしいマシンを僕らに与えようと挑んでくれたチームの能力も。序盤でアンテナに鳥が衝突してダメージを受けたことを除けば、3008DKRにはひとつもトラブルが起きていないので、後半が本当に楽しみだよ!」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS