WRCオーストラリア:ミケルセンがトラブル乗り越え首位堅持 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCオーストラリア:ミケルセンがトラブル乗り越え首位堅持

©VOLKSWAGEN

WRC最終戦オーストラリアは2日目のSS18までを終了し、フォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンが首位、わずか2秒差の総合2番手にはチームメイトのセバスチャン・オジエがつけ、3番手にはヒュンダイのヘイデン・パッドンという順位になっている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

この日はSS12〜SS18の7SS、135.19km。このうち100km以上を占めるのが、ラリー最長SS12/15の『Nambucca』(50.80km)だ。先頭走者ではないミケルセンが、アドバンテージを活かしてリードを拡大できるかに注目が集まった。

そのオープニングステージを制したのはパッドン。SS2番手のヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン)に2.5秒、SS3番手のミケルセンに10.5秒という差をつけ、総合順位でもオジエとティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)をパスして2番手に浮上した。続くSS13は前日大きなタイムロスを喫したラトバラがベストタイム。SS14はミニサーキットでのスーパーSSとなり、ミケルセン、ヒュンダイのダニ・ソルドとオジエが同タイムを並べた。

HYUNDAI

HYUNDAI

サービスを挟んで、ラリーは再び50kmのSS15『Nambucca』へ。ここのベストはラトバラが獲り、SS2番手にオジエ、SS3番手にミケルセンとフォルクスワーゲンが上位を独占する強さを発揮。ここでオジエは総合順位でパッドンを逆転し総合2番手に浮上した。首位ミケルセンとの差は12秒だ。差を守り抜きたいミケルセンは、続くSS16でクラッチペダルが曲がりブレーキペダルに接触するというトラブルに見舞われて大きくタイムロス。これでふたりの差は2.8秒にまで縮まってしまった。

HYUNDAI

HYUNDAI

この日残りのSSは海岸沿いのスーパーSSふたつのみ。SS17はオジエがベスト、手前のロードセクションで応急処置を施したミケルセンはSS2番手となり、ふたりの差は1.8秒に。最終SS18ではミケルセンがベストで0.2秒押し戻し、その差を2秒としてこの日のステージを終えた。結果、ミケルセンが辛くも首位を守り切り、総合2番手にオジエ、3番手にパッドンという順位に。4番手にはヌービル、5番手にソルドとヒュンダイ勢が続き、6番手にMスポーツのマッズ・オストベルグがつけている。

M-SPORT

M-SPORT

ラリー最終日はSS19〜23の5SS、57.18km。ミケルセンが逃げ切るか、オジエが王者の貫録を見せつけるか、フォルクスワーゲン最後のチームメイトバトルに注目が集まる。SS19は日本時間20日(日)5:43スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC2:15:06.2
2セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+2.0
3ヘイデン・パッドンヒュンダイ i20 WRC+12.0
4ティエリー・ヌービルヒュンダイ i20 WRC+33.8
5ダニ・ソルドヒュンダイ i20 WRC+59.2
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+1:00.6
7エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+1:21.7
8オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+2:19.9
9ロレンツォ・ベルテッリフォード・フィエスタRS WRC+4:56.6
10エサペッカ・ラッピシュコダ・ファビアR5+5:22.7
ラリプラ・メンバーズ2017
RALLY PLUS