ラリプラ208 R2が最終戦を3位フィニッシュ、コ・ドライバーズチャンピオンも決定! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリプラ208 R2が最終戦を3位フィニッシュ、コ・ドライバーズチャンピオンも決定!

©RALLY PLUS

「YH クスコラリープラス208 R2」(以下、ラリプラ208 R2)は、11月4日(金)〜6日(日)に愛知県新城市周辺で開催された2016年全日本ラリー選手権第9戦「新城ラリー2016」に参戦しました。

シリーズの最終戦となるこのラリーは、道幅の広い高速ステージからタイトコーナーが連続する低速ステージまで、バリエーション豊かなターマック林道を舞台に争われます。ラリプラ208 R2はラリー初日を3番手で終えると、2日目もミスのない安定したドライビングで走り切り、そのままの順位を守り切ってJN5クラス3位でフィニッシュしました。この結果、前戦でチャンピオンが確定していたドライバー柳澤宏至選手に続き、コ・ドライバー中原祥雅選手の年間チャンピオンも確定しました。

最終結果
JN5クラス3位(総合6位)

ドライバー柳澤宏至選手のコメント
「今回は、絶対に中原選手のコ・ドライバーチャンピオンを決めたいと思っていました。新城ラリーはちょっとしたミスでリタイアする可能性も高いので、無事にフィニッシュすることができてうれしく思います。今回は安定したペースで走ることを心がけ、マシンがそれに応えてくれました。プジョー 208 R2はドライブしていて本当に楽しいクルマですし、素晴らしいエンジンサウンドもあるので、見にきていただいたラリーファンの皆さんにも楽しんでいただけたことと思います。今シーズンはチーム一丸となって戦い、ドライバーとコ・ドライバーの両タイトルを獲得することができました。最終戦でも多くの方から応援していただき、本当に感謝しています」

コ・ドライバー中原祥雅選手のコメント
「ライバルのリタイアにより初日に私のチャンピオンは決まりましたが、ドライバーの柳澤選手が『チームのみんなで中原さんのチャンピオンを祝うために』と言って最後まで頑張って走ってくれました。柳澤選手とチームには本当に感謝しています」

2016年シーズンの全日本ラリーはこれで全日程を終了しました。ラリプラ208 R2への暖かい声援、本当にありがとうございました。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS